株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



SGCライブラリ 41

臨時別冊・数理科学2005年7月
「バイオインフォマティクスの基礎」
〜 ゲノム解析プログラミングを中心に 〜

冨田 勝(慶應義塾大学教授) 監修
斎藤輪太郎(慶應義塾大学専任講師) 著

定価:2,006円(本体1,857円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2005-07-25
JAN 4910054700756 / B5判/168頁


<内容詳細>
著者等の講義・実習で実際に用いられた教材をもとに書き下ろされた,バイオインフォマティクスの基礎テキスト.

<目次>
第1章 シグナル配列の統計解析
    1.1 シグナル配列
    1.2 エントロピー計算によるシグナル配列の保存性の定量
    1.3 増加情報量
    1.4 塩基の偏りの統計的有意性
    1.5 配列パターンの出現頻度解析
    1.6 塩基間の相互作用の解析
    1.7 塩基間の相互作用の統計的有意性

第2章 アラインメントアルゴリズム
    2.1 アラインメントとは?
    2.2 アラインメントの評価方法
    2.3 アラインメントのグラフ表現
    2.4 最適アラインメントの数式化
    2.5 アラインメントアルゴリズムの実装
    2.6 ローカルアラインメント
    2.7 より高度なギャップペナルティーの計算

第3章 隠れマルコフモデル
    3.1 マルコフモデルとは?
    3.2 隠れマルコフモデルとは?
    3.3 隠れマルコフモデルの構築と未知の配列への適用
    3.4 最も確率が高い経路の計算
    3.5 隠れマルコフモデルの実装
    3.6 欠損を表すノード
    3.7 プロファイル隠れマルコフモデル
    3.8 簡単なパラメータの学習
    3.9 配列が観測される確率の計算
    3.10 隠れマルコフモデルのパラメータ推定

第4章 RNAの二次構造予測
    4.1 RNAとその二次構造
    4.2 RNA二次構造の表現
    4.3 RNA二次構造の評価
    4.4 簡単なRNA二次構造予測
    4.5 計算の重複の回避
    4.6 二次構造の決定
    4.7 Zuker法

第5章 遺伝子発現データのクラスタリング
    5.1 遺伝子発現データ
    5.2 発現相関の定量化
    5.3 遺伝子発現データの階層的クラスタリング
    5.4 遺伝子発現データの非階層的クラスタリング

第6章 コドンバイアスの解析
    6.1 コドンバイアスとは?
    6.2 コドンバイアスの定量化
    6.3 主成分分析
    6.4 コドンバイアスの主成分分析
    6.5 対応分析
    6.6 コドンバイアスの対応分析
    6.7 自己組織化
    6.8 コドンバイアスの自己組織化

付録
  A 再帰アリゴリズムの基本
  B 統計解析に関する補足
  C EMアルゴリズム

参考文献

索引