株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



SGCライブラリ 44

臨時別冊・数理科学2005年12月
「ゲーム理論のフロンティア」
〜 その思想と展望をひらく 〜

池上高志(東京大学准教授)
松田裕之(横浜国立大学教授) 編著

定価:1,975円(本体1,829円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2005-12-25
JAN 4910054701258 / B5判/168頁


<内容詳細>
ゲーム理論は,今や諸科学に浸透し,様々な学問領域の教科書に紹介されるようになっている.本書は,目的や方法論を更に拡げる必要性が出てきたゲーム理論の最新の動向を伝える.これからの生物・社会科学,応用数理の新しい方向への道標となる一冊.

<目次>
I.ゲーム理論の背景
 ゲームとその背後の認知行為 ―― 池上 高志
 ゲーム理論における合理性と限定合理性 ―― 金子 守
 言語ゲームと記号ダイナミクス ―― Luc Steels・(宇野 良子 訳)

II.ゲーム方程式の数理
 多体学習のダイナミクス ―― 佐藤 譲
 ゼロサムゲームの数理 ―― 時田 恵一郎
 マルチゲームダイナミクス ―― 橋本 康
 言語のダイナミクスとゲーム ―― 橋本 敬

III.メタゲームの数理
 ゲームと時間 ―― 秋山 英三
 ルールの記述とゲーム ―― 舛本 現
 ゲームと計算理論 ―― 中山 幹夫
 メタゲーム理論:条件付方略の拡張 ―― 藪内 稔

IV.生態・生物のゲーム理論
 植物の進化ゲーム ―― 酒井 聡樹
 病原体と免疫の軍拡競争ゲーム ―― 佐々木 顕
 ゲーム理論と生態学の未来 ―― 松田 裕之

V.実験ゲーム
 子供の遊びにおける協調と対立のゲーム論的分析 ―― 森平 菜津子・佐伯 胖
 実験ゲーム ―― 山岸 俊男
 嘘の情報は人間の社会行動の進化にどのように影響するのか ―― 中丸 麻由子