株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



工科のための数理 0

初歩からの
「入門数学」

吉村善一(名古屋工業大学名誉教授)
足立俊明(名古屋工業大学教授) 著

定価:2,160円(本体2,000円+税)
発行:数理工学社
発行日:2007-03-25
ISBN 978-4-901683-44-9 / A5判/224頁


<内容詳細>
「高校の数学」と「大学の数学」を滑らかにつなぐ目的で,高校での学習内容から説き 起こし,大学初年次で必要な数学を解説した.豊富な例と例題・演習により,必要な基 礎数学を無理なく理解できるよう工夫し,理工系の学生に限らず,数学を必要とする文科系の学生も対象に自習できるよう配慮した.2色刷.

<目次>
1 関数
  1.1 関数
  1.2 逆関数

2 数列の極限
  2.1 数列の極限
  2.2 無限級数
  2.3 数列の収束判定

3 三角関数
  3.1 三角関数
  3.2 三角関数の性質
  3.3 三角関数の公式

4 指数関数・対数関数・逆三角関数
  4.1 指数関数
  4.2 対数関数
  4.3 逆三角関数

5 関数の極限
  5.1 関数の極限
  5.2 連続関数
  5.3 極限基本公式

6 微分法
  6.1 導関数
  6.2 微分公式
  6.3 合成関数の微分
  6章の問題

7 初等関数の微分
  7.1 指数・対数・三角関数の導関数
  7.2 逆三角関数の導関数
  7.3 高次導関数
  7章の問題

8 微分法の応用
  8.1 微分可能な関数の基本定理
  8.2 関数の増減と極値
  8.3 2次導関数の応用
  8.4 不定形の極限
  8章の問題

9 不定積分
  9.1 不定積分
  9.2 置換積分法
  9.3 部分積分法
  9章の問題

10 有理関数の積分
  10.1 有理関数の部分分数分解
  10.2 有理関数の不定積分
  10.3 無理関数の不定積分
  10.4 三角関数の不定積分
  10章の問題

11 定積分
  11.1 定積分
  11.2 定積分の計算法
  11.3 平面図形への応用
  11.4 曲線の長さ
  11章の問題

12 ベクトル
  12.1 ベクトルの和と定数倍
  12.2 平面のベクトルの内積
  12.3 空間のベクトルの内積

13 行列
  13.1 行列の和と定数倍
  13.2 行列の積
  13.3 逆行列と連立1次方程式
  13.4 掃き出し法
  13.5 1次変換

章末問題略解
索引