株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



SGCライブラリ 18

臨時別冊・数理科学2002年11月
「独立成分分析」
〜 多変量データ解析の新しい方法 〜

甘利俊一(東京大学名誉教授)
村田 昇(早稲田大学教授) 編著

定価:1,800円(本体1,667円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2002-10-25
JAN 4910054701128 / B5判/160頁

品切れ中です
品切れ
立読み不可


<内容詳細>
Computer Today誌上で掲載された,先生と一夫・次郎・花子の対話による独立成分分析の入門から極意までのセミナーの記録に加筆・訂正を施してまとめた一冊.

<目次>
1.問題は何か:例;解法;全体の見通し

2.最尤推定,推定関数,学習法

3.Infomax,KL-divergence,自然勾配法

4.PCA と ICA

5.アルゴリズムの安定性と効率

6.非ホロノームアルゴリズム

7.推定関数と推定効率

8.不動点法とJacobi法

9.fMRI画像解析への応用

10.生体信号処理とノイズ

11.時間相関のある信号の分離

12.単一試行脳磁界データの解析

13.Deflation 法

14.測定ノイズがある状況での推定関数法

15.非ホロノームアルゴリズム再考

16.スパースコンピューティング

17.時空間混合信号を復元しよう

18.これからの展望

参考文献