株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



数理科学 2011年4月号 No.574

特集:「物理学と多様体」
− 幾何学構造がもたらす物理学の理解 −

定価1,028円(本体価格952円+税)



<内容詳細>

幾何学に登場する用語に「多様体」があります.この概念そのものの具体例は単位円など,身近なものが多いのですが,定義は抽象的で初めて見ると,わかりにくいと感じる人も少なくないと思われます.ところで,物理学では,この「多様体」が量子力学,相対性理論,弦理論など,あらゆるところに登場します.そこで本特集では,物理学が多様体,およびそれに関連する幾何学的諸概念を通して活き活きとした描像を獲得する様子を読者にわかりやすく紹介していきます.

■特集
・「はじめに」 安井幸則
・「ホロノミーと力学系」
  〜一輪車から猫の宙返り,量子コンピュータまで〜
谷村省吾
・「ベクトル束とファイバー束」 橋本義武
・「一般相対性理論と多様体」
  〜ホライズンの彼方へ〜
石橋明浩
・「量子重力と多様体」 河本祥一
・「弦理論と多様体」 森山翔文
・「佐々木多様体と箙ゲージ理論との出会い」
  〜Ads/CFT対応の魔法〜
山崎雅人
・「何故かいま佐々木多様体」 二木昭人
・「超対称性と複素多様体」 新田宗土

■編集部一問一答
・「物理学における多様体の面白さ」 安井幸則

■「数理科学」は語る
・「1981年4月号」 開原成允

■連載
・「情報幾何の新展開 5」
  〜確率分布族と不変なダイバージェンス〜
甘利俊一

■リレー連載
・「現象から方程式を創り出す 15」
  〜シュレディンガー方程式〜
阿部龍蔵
・「人物で学ぶ数学 3」
  〜ポール・パンルヴェ〜
大山陽介