株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



数理科学 2013年12月号 No.606

特集:「物理学における存在とは」


定価1,028円(本体価格952円+税)



<内容詳細>

物理学の中には“○○の存在”や“△△の存在の予言”といった“存在”をキーワードにした理論や予想があります.“存在を示す”ことが研究の最前線で重要になるのみならず,“存在についてその意味を考える”ことが学習において重要になります.また,場合によっては“定義する”ことによって“存在させる”こともあるかと思います.本特集では物理学における“存在”をテーマとして,その重要性や問題意識などを探っていきます.

■特集
・「物理学での存在とは」 佐藤文隆
・「時空」
  〜実在か戦略か?〜
小玉英雄
・「波動関数は実在するか」
  〜物質的存在ではない.二つの世界をつなぐ窓口である〜
谷村省吾
・「量子光学における真空状態」 古澤 明
・「電荷」
  〜物理学の王様〜
青木健一
・「準粒子」 川上則雄
・「確率と存在」
  〜世界を切り分ける方法こそが重要である〜
伊庭幸人
・「物理学にとって,無限大とは何だろうか?」 細谷暁夫

■書評
・「明解 量子宇宙論入門」 横山順一
・「フレーゲ・デデキント・ペアノを読む」
  〜現代における自然数論の成立〜
八杉滿利子
・「多変数解析関数論」
  〜学部生へおくる岡の連接定理〜
難波 誠
・「無限量子系の物理と数理」 尾畑伸明

■リレー連載
・「数学的な感覚の探求 13」
  〜自明でない最初の場合を考える〜
中村 郁

■連載
・「大学院入試問題からみた大学の数学 10」
  〜微積分3〜
海老原 円、太田雅人
・「科学と社会 17」
  〜量子力学が意味したもの(2)〜
岡本拓司