株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



別冊数理科学 1998年12月号

「現代数学のあゆみ」


定価1,903円(本体価格1,762円+税)



<内容詳細>


■無限の発見史
・「」 難波 完爾

■GLCの基本予想に依る第二階証明論の発生について
・「」 竹内 外史

■零点の数値計算とリーマン予想
・「」 杉浦 光夫

■ロシアの数論の歴史II
・「」 金光 滋

■谷山-志村予想とフェルマーの最終定理
・「」 太田 雅己

■1930年代のドイツの代数幾何学
・「幾何学的直観から公理的方法へ」 前田博信

■Max Noetherとその周辺
・「」 水野 弘文

■正多面体を考える
・「」 一松 信

■日本グラフ理論誕生談
・「」 加納 幹雄

■ファックス関数の歴史
・「」 齊藤 利弥

■楕円型偏微分方程式がもたらしたもの
・「」 島倉 紀夫

■アダマールの基本解とホイヘンスの原理
・「」 島倉 紀夫

■60年代のSmaleの力学系研究について
・「」 白岩 謙一

■R.A.Fisherと情報量の概念
・「」 竹内 啓