株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



新・演習物理学ライブラリ 5

「新・演習 熱・統計力学」

阿部龍蔵(元東京大学教授) 著

定価:1,944円(本体1,800円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2006-05-10
ISBN 978-4-7819-1125-0 / A5判/184頁


<内容詳細>
本書は「熱・統計力学入門」に準拠した演習書である.基本事項をコンパクトにまとめ,洗練された例題・問題と詳しい解答で深い理解と真の応用力がつくよう工夫されている.

<目次>
第1章 温度
    1.1 温度の定義
    1.2 高温と低温
    1.3 熱平衡
    1.4 各種の温度計

第2章 熱現象
    2.1 熱と熱量
    2.2 熱容量と比熱
    2.3 熱の働き
    2.4 熱の移動

第3章 熱と仕事
    3.1 熱と仕事との関係
    3.2 火の歴史
    3.3 熱の仕事当量
    3.4 状態方程式

第4章 熱力学第一法則
    4.1 内部エネルギー
    4.2 熱力学第一法則
    4.3 理想気体の性質
    4.4 断熱変化
    4.5 サイクル

第5章 熱力学第二法則
    5.1 可逆過程と不可逆過程
    5.2 クラウジウスの原理とトムソンの原理
    5.3 可逆サイクルと不可逆サイクル
    5.4 クラウジウスの不等式
    5.5 エントロピー
    5.6 各種の熱力学関数
    5.7 化学ポテンシャル

第6章 分子の熱運動
    6.1 気体分子の速度分布
    6.2 気体の圧力
    6.3 マクスウェルの速度分布則
    6.4 各種の平均値
    6.5 理想気体の内部エネルギー

第7章 統計力学の基本的な考え方
    7.1 解析力学入門
    7.2 位相空間
    7.3 ほとんど独立な粒子の集まり
    7.4 エルゴード仮説

第8章 マクスウェル-ボルツマン分布
    8.1 位相空間の分割
    8.2 最大確率の分布
    8.3 マクスウェル-ボルツマン分布
    8.4 分配関数とボルツマンの原理

第9章 統計力学の応用
    9.1 単原子分子の理想気体
    9.2 1次元調和振動子
    9.3 固体の比熱
    9.4 2原子分子の理想気体
    9.5 イジング模型

第10章 正準集団と大正準集団
    10.1 正準集団
    10.2 分配関数
    10.3 大正準集団
    10.4 大分配関数
    10.5 分配関数と大分配関数
    10.6 ゆらぎ

問題解答
索引