株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  





「入門統計解析」

倉田博史(東京大学教授)
星野崇宏(慶應義塾大学教授) 著

定価:2,700円(本体2,500円+税)
発行:新世社
発行日:2009-12-10
ISBN 978-4-88384-140-0 / A5判/352頁


<内容詳細>
本書は,大学の教養課程や専門課程において初めて統計学を学ぶ学生を対象に,データ解析の考え方と実際について,その基本的事項を解説した入門テキストである.基礎編ではデータの基本的な扱い方を,応用編では最も広く用いられている回帰分析と分散分析を身に付けることができる.直観的な理解やイメージを得られるよう,例を豊富に取り入れ,Excelの用い方も紹介している.東大教養学部において,入門から発展,理論から実習まで様々な講義を担当してきた著者による,次世代の東大教養学部の標準教科書となりうる決定版.見やすい2色刷.

<目次>
第1章 統計解析とは
  1.1 統計解析の目的
  1.2 データの分類
  1.3 数学についての補足

第2章 1次元データの整理
  2.1 度数分布表とヒストグラム
  2.2 データ分布の中心の指標
  2.3 データ分布の散らばりの指標
  2.4 基準化変量
  2.5 データ分布の形状の指標
  2.6 ローレンツ曲線とジニ係数
  2.7 時系列データと時間変化率

第3章 2次元データの整理
  3.1 散布図
  3.2 共分散と相関係数
  3.3 回帰分析
  3.4 偏相関係数

第4章 確率モデル
  4.1 標本空間と事象
  4.2 確率
  4.3 確率変数
  4.4 離散型確率分布の代表例
  4.5 連続型確率分布

第5章 独立同一分布
  5.1 多次元確率分布
  5.2 独立同一分布
  5.3 独立性と無相関性
  5.4 和の分布

第6章 統計量
  6.1 母集団と標本の概念
  6.2 統計量と標本分布
  6.3 正規母集団からの標本
  6.4 2標本問題

第7章 統計的推定
  7.1 区間推定
  7.2 点推定

第8章 統計的仮説検定
  8.1 統計的仮説検定の枠組み
  8.2 母平均の検定
  8.3 母分散の検定
  8.4 2標本問題
  8.5 大標本検定

第9章 回帰分析
  9.1 回帰モデル
  9.2 重回帰モデル
  9.3 ベクトルと行列による回帰分析
  9.4 問題

第10章 分散分析
  10.1 1元配置モデル
  10.2 2元配置モデル
  10.3 多重比較
  10.4 より進んだ分析法
  10.5 問題

関連図書
索引
著者略歴