株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



SGCライブラリ 12

臨時別冊・数理科学2001年12月
「演習 場の量子論」
〜 基礎から学びたい人のために 〜

柏 太郎(愛媛大学名誉教授) 著

定価:2,037円(本体1,886円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2001-12-10
JAN 4910054701210 / B5判/192頁

品切れ中です
品切れ
立読み不可


<内容詳細>
大部で読了に時間のかかる教科書の多い中,より短い期間での「場の量子論」習得を狙いとして書かれた演習書.今や,素粒子論から物性理論まで,物理の諸分野で大切な素養となった「場の量子論」,本書はその速やかな学習を助ける得難い一冊である.

<目次>
第1章 場の理論事始め
    1.1 調和振動子の物理
    1.2 特殊相対性理論の復習
    1.3 場の解析力学

第2章 量子場入門
    2.1 クライン−ゴルドン (Klein−Gordon) 場
    2.2 ド・ブロイ (de Broglie) 場
    2.3 ディラック (Dirac) 場
    2.4 マックスウェル (Maxwell) 場 ― 電磁場
    2.5 量子場の一般論

第3章 経路積分法
    3.1 経路積分入門
    3.2 フェルミオンの経路積分
    3.3 ユークリッド経路積分

第4章 有効作用と近似法
    4.1 摂動論とファインマングラフ
    4.2 生成母関数と有効作用
    4.3 WKB近似

第5章 ゲージ場の量子論
    5.1 ゲージ原理とゲージ場
    5.2 ゲージ場の量子化
    5.3 対称性の自発的破れとヒッグス (Higgs) 機構\r

参考文献

索引