株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  

2006年度 日本数学会出版賞受賞


定期購読申し込み
科学の最前線を紹介する月刊誌
『数理科学』は自然科学と社会科学はいまどこまで研究されているか、つねに科学の最前線を明らかにし、大学・企業で注目を浴びている雑誌です。
毎月20日発売 B5判 約100ページ 定価1030円(本体価格954円+税)※2014年5月号より


数理科学 2015年8月号 No.626

特集:「力学系的思考法のすすめ」
− いかにして数理現象を捉えるか −

定価1,030円(本体価格954円+税)

>> バックナンバー
>> 次号の予告



<内容詳細>

力学系は古くからあるテーマで,主に解析を中心としたものでしたが,最近では情報理論への応用や代数的な力学系も登場し,様々な場面で目にするようになりました.私たちの身体に内在するリズムについて解析する際にも力学系の考え方が適用できます.本特集では力学系の世界や自然の秩序形成,ネットワーク,人体のリズム,情報理論などへの力学系の応用を考え方・発想も交えて紹介していきます.

■特集
・「力学系の発想」 西浦廉政
・「カオスと力学系」 荒井 迅
・「力学系としての乱流」 河原源太
・「2次写像力学系の統計的性質」 鄭 容武
・「ランダム力学系と確率カオス」 佐藤 讓
・「自然の秩序形成と力学系」 上山大信
・「ネットワークと力学系」 上田肇一
・「生物の歩行と力学系」 青井伸也
・「時系列情報から縮約力学系を抽出する」
  〜リズム現象を題材として〜
青柳富誌生

■コラム
・「力学系って数学なんですか?」 國府寛司

■書評
・「横浜発 確率・統計入門」 赤間陽二
・「大学数学の教則」
  〜数学ライセンス取得のためのノート〜
竹縄知之

■リレー連載
・「フィールズ賞で語る現代数学 7」
  〜代数幾何学(2)〜
向井 茂

■連載
・「経路積分と量子解析 10」
  〜量子解析(1)〜
鈴木増雄
・「微分方程式を考える 10」
  〜ニュートンの運動方程式の初期値問題の大域解(5)〜
小澤 徹