株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  

2006年度 日本数学会出版賞受賞


定期購読申し込み
科学の最前線を紹介する月刊誌
『数理科学』は自然科学と社会科学はいまどこまで研究されているか、つねに科学の最前線を明らかにし、大学・企業で注目を浴びている雑誌です。
毎月20日発売 B5判 約100ページ 定価1030円(本体価格954円+税)※2014年5月号より


数理科学 2016年6月号 No.636

特集:「自然界を支配する偶然の構造」
− 様々な数理科学への確率論的アプローチ −

定価1,030円(本体価格954円+税)

>> バックナンバー
>> 次号の予告



<内容詳細>

数理科学に現れる様々な現象には,偶然性が支配する場面が数多くあります.実際,微粒子のランダムな動きや結晶成長など自然界に見られる現象から,株価変動やネットワークのように人間が関与する現象まで多種多様な例が挙げられます.近代確率論は,このような偶然性が支配する現象に動機付けを持ち,これらを数理的にモデル化して数学理論を築き上げることにより飛躍的に発展し,さらには当該現象の解明にも大きく貢献してきました.本特集では,現代確率論と様々な数理科学との関わりを紹介していきます.

■特集
・「数理科学への確率論によるアプローチ」 熊谷 隆
・「幾何学と確率論」 日野正訓
・「力学系と確率論」 盛田健彦
・「ランダム作用素」 福島竜輝
・「流体力学極限」
  〜異なる時空間スケールの世界をつなぐ数学〜
佐々田槙子
・「統計力学と確率論」
  〜ブラウン運動からSLEとKPZ方程式へ〜
種村秀紀
・「木と確率論」 白井朋之
・「金融市場の数理と確率解析」 赤堀次郎
・「確率解析と数値計算」 楠岡成雄

■コラム
・「無限粒子系と剛性」 長田博文

■書評
・「はじめての線形代数15講」 瓜生 等

■連載
・「経路積分と量子解析 17」
  〜非平衡統計力学のカノニカル理論(1)〜
鈴木増雄
・「例題形式で探求する代数学のエッセンス 12」
  〜ガロアの基本定理〜
小林正典

■リレー連載
・「フィールズ賞で語る現代数学 12」
  〜微分幾何〜
二木昭人

数理科学 2016年6月発売予定
特集:〈反粒子〉
 − 現代物理の考え方を変えた革命的概念 −
予価:1,030円
立読み不可
<内容>
反粒子は,量子力学と相対論を結びつけたことから生まれた概念です.相対論的量子力学の問題を解く際に,方程式の解に“負のエネルギー”状態があることから,その解決のためにディラックによって生み出されたのが元々の起こりです.本特集では,入門的な記事を中心に,物理的アイデアが創造され発展した重要な手本として,最近の話題も含めて分かりやすく,反粒子概念の登場する例を紹介し,現代物理の扉を開いたその発想の源とその存在意義に迫っていきます.