株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社
ホーム 会社案内 社員募集 ご意見・ご感想 リンク 当サイトの利用  



SGC Books M-3

「新版 情報理論の基礎」
〜 情報と学習の直観的理解のために 〜

村田 昇(早稲田大学教授) 著

定価:1,890円(本体1,750円+税)
発行:サイエンス社
発行日:2008-07-25
ISBN 978-4-7819-1212-7 / A5判/192頁


<内容詳細>
臨時別冊・数理科学として刊行された好著の新版.情報理論は理工学,社会科学諸分野の基礎数理として極めて重要である.本書は,その基礎を,主として学習理論への応用を意識して明解に解説している.

<目次>
第1章 はじめに
  1.1 情報とは何だろう?
  1.2 学習とは何だろう?
  1.3 確率変数としての情報の記述
  1.4 確率モデルのいろいろ
  1.5 補遺

第2章 情報理論の基礎事項
  2.1 情報源
  2.2 通信路
  2.3 符号化
  2.4 情報量
  2.5 補遺

第3章 情報幾何の考え方
  3.1 確率分布の空間
  3.2 KL-情報量
  3.3 “まっすぐな”線と“平らな”面
  3.4 直交葉層化と射影
  3.5 補遺

第4章 符号化と種々の情報量
  4.1 情報源符号化
  4.2 通信路符号化
  4.3 連続情報の離散化
  4.4 補遺

第5章 モデル選択
  5.1 モデル選択の考え方
  5.2 推定量のばらつき
  5.3 AICの考え方
  5.4 MDLの考え方
  5.5 AICとMDLに関する補足
  5.6 リサンプリング
  5.7 補遺

第6章 混合モデルとアルゴリズムの幾何学的理解
  6.1 混合によるモデルの拡大
  6.2 EMアルゴリズム
  6.3 ブースティング
  6.4 バギング
  6.5 補遺

付録A 確率論の基礎

関連図書
索引