お知らせ

AI/データサイエンス ライブラリ
“基礎から応用へ”

2022.06.13

山西健司(東京大学大学院情報理工学系研究科教授)編集

 本ライブラリはAI/データサイエンスの基礎理論とその応用への接続について著した書籍群である.AI/データサイエンスは大量のデータから知識を獲得し,これを有効活用して価値につなげる技術である.今やビッグデータの時代における中核的な情報技術であり,その発展は目覚ましい.この事情に伴い,AI/データサイエンスに関する書物は巷に溢れている.その中には基礎,応用それぞれの書物は沢山有るが,その架け橋的な部分に重きをおいたものは少ない.実は,AI/データサイエンスを着実に身につけるには,基礎理論と応用技術をバランスよく吸収し,その「つなぎ」の感覚を磨いていくことが極めて重要なのである.こうした事情から,本ライブラリはAI/データサイエンスの基礎理論の深みを伝え,さらに応用への「架け橋」の部分を重視し,これまでにないライブラリとなることを目指して編集された.全ての分冊には「(基礎技術)から(応用技術)へ」の形式のタイトルがついている.
 内容は大学学部生から研究者や社会人のプロフェッショナルまでを対象としている.これからAI やデータサイエンスの基礎や応用を学ぼうとしている人はもちろん,新しい応用分野を開拓したいと考えている人にとっても参考になることを願っている.
【編者の言葉(全文)はこちら】

組み合わせ最適化から機械学習へのイメージ画


組合せ最適化から機械学習へ
劣モジュラ最適化とグラフマイニング

相馬 輔・藤井海斗・宮内敦史 共著
定価:2,200 円(本体:2,000 円+税)
発行日:2022年6月25日
ISBN:978-4-7819-1545-6
サイズ:並製A5 ページ数: 184 ページ

[続刊予定書目]
異常検知からリスク管理へ
深層学習からマルチモーダル情報処理へ
位相的データ解析から構造発見へ
ネットワーク解析から経済と法分析へ
暗号理論から秘密計算・プライバシ保護データマイニングへ