数理科学 2006年12月号

数理科学 2006年12月号 No.522

素粒子像の探究

統一への地平をたどる
定価:
1,047
(本体:952円+税)

発行月:2006年12月

JAN:4910054691269

在庫:在庫あり

内容詳細

■素粒子モデルは,20世紀の前半から原子模型をはじめとして,非常に多くの学者によって考えられ,湯川博士の中間子論はその発展に非常に貢献をしました.その時代から約1世紀の時が流れようとする今,素粒子像は様々に変化をし,クォークをはじめとする未発見粒子など,多様にその描像に変化を見せています.本特集では,湯川・朝永生誕百年を節目に,量子力学から始まる素粒子像の変遷とその理論の進化を多彩に捉えていきます.

表紙CGコメント

目次

特集

  • 現代の素粒子像
    ~ 湯川・朝永から弦理論まで ~
    米谷民明
  • 量子力学における素粒子像
    ~ ボゾンとフェルミオン ~
    大貫義郎
  • 中間子の予言
    ~ 湯川英樹生誕百年 ~
    九後汰一郎
  • クォークは誰が見たか
    小平治郎
  • ニュートリノは宇宙の果てまで
    谷本盛光
  • ヒッグスの謎
    林 青司
  • 超対称理論における素粒子像
    ~ スーパー粒子 ~
    岡田安弘
  • モノポールを求めて
    荒船次郎
  • アクシオンは存在するか
    山口昌弘

名著に親しむ

  • 特集から広がる読書案内
    ~ 『旅人』と『鏡のなかの世界』 ~
    米谷民明

書評

  • 早田 次郎著「現代物理のための解析力学」
    白水徹也

  • 伊藤清先生ガウス賞受賞に寄せて
    高橋陽一郎

リレー連載

  • ネットワーク科学最前線 3
    ~ 振動子ネットワークの引き込みと体内時計 ~
    郡 宏

連載

  • 重力理論入門 8
    ~ アインシュタインの予言:その3 ブラックホール ~
    前田恵一
  • 使うための確率論入門 5
    ~ サイコロ遊びの意味するもの ~
    渡辺 浩

サポート情報

関連雑誌

場の量子論の拡がり

2,085円(税込)

現代物理における超対称性

1,047円(税込)

双対性の世界

2,085円(税込)

重力は語る

1,047円(税込)