時間と宇宙への序説

書影

サイエンス叢書  16

時間と宇宙への序説

定価:
1,760
(本体:1,600円+税)

発行日:1980年11月1日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-0083-4

サイズ:並製B6

ページ数:240ページ

在庫:品切れ

内容詳細

時間と宇宙,それは永遠に人間の心を捕えて止まない謎であり,哲学・思想の原点でもある.物理学,数学,哲学,音楽等多方面に亘って物の本質を追求する著者が,最新の知識と,センス溢れる筆により,この永遠のテーマを興味深く語る.時間論,宇宙論に関心を有する人のための格好の教養書.

目次

1 序章
1-1 諸言 現代への道程
2 「時間」とは何か?
2-1 「時間」と「時間性」の混乱と区別
2-2 「存在」と「時間」 何処までハイデッガーは辿ったか?
2-3 「現象学的還元」と「時間」
3 存在論的な「時間」,新しい「時間論」への招待
3-1 「世界」とは?「宇宙」とは?「存在」とは?
3-2 「存在」としての「時間」とは?「時間」をまったく考えない「世界」
3-3 それはどうして「時間」なのか?まず「現在」とは何か?そして「過去」は?
3-4 「未来」の志向と,その実存的意味
4 「光」と「宇宙観」の変遷をめぐって
4-1 「特殊相対性理論」における「光」と「時間」
4-2 「一般相対性理論」の凱歌と波紋 「因果律」とは?
4-3 われわれは今まで「何を」見て来たか?
5 「宇宙論」の諸相・そのカタローグ
5-1 いろいろな「宇宙論」のカタローグ その1,(膨張宇宙に関して)
5-2 いろいろな「宇宙論」のカタローグ その2,(「正・反」宇宙論について)
5-3 いろいろな「宇宙論」のカタローグ その3,(定常宇宙論と重力理論)
6 「時間」の宇宙論的構成および結語
6-1 「宇宙の初め」とその痕跡 宇宙黒体輻射のもたらせた波紋
6-2 「時間」の宇宙論的構成について (1)
6-3 「時間」の宇宙論的構成について (2)

サポート情報

関連書籍

六花の美

小林禎作

2,200円(税込)

血液型の話

石山いく夫

1,870円(税込)