家事の社会学

書影

女性社会学者による新社会学叢書  1

家事の社会学

定価:
1,650
(本体:1,500円+税)

発行日:1989年12月1日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-0571-6

サイズ:並製B6

ページ数:216ページ

在庫:品切れ

内容詳細

主婦にとって「家事」は「職業」か? ボーボワールが記した如く〝シジフォスの岩″にすぎない不毛の労働なのか? これまで研究対象としても社会的に認められることの少なかった「家事という仕事」を正面から調査研究した待望の書.主婦の2つの仕事-職業と家事-を同じように扱いながら,その関わり・影響を明らかにする.

目次

サポート情報

関連書籍

都市と女性の社会学

矢澤澄子

2,090円(税込)

入門
母性の社会学

舩橋惠子堤マサエ

1,870円(税込)

入門