ザ・OS

書影

NSライブラリ  9

ザ・OS

定価:
2,530
(本体:2,300円+税)

発行日:1990年10月1日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-0596-9

サイズ:並製A5

ページ数:240ページ

在庫:品切れ

内容詳細

オペレーティングシステムを学ぼうとする初心者にとって好個の翻訳本.OSとは何か?OSとは何をするのか?OSはなぜ必要なのか?といった疑問に答えることから始め,本質を体得できる書.

目次

1 はじめに
1-1 オペレーティングシステムの種類
1-2 「紙上」オペレーティングシステム
2 オペレーティングシステムの機能と特性
2-1 オペレーティングシステムの機能\r
2-2 オペレーティングシステムの特性
2-3 望ましい性質
3 並行プロセス
3-1 プログラム,プロセス,プロセッサ
3-2 プロセス間の交信
3-3 セマフォ
3-4 モニタ
3-5 まとめ
4 システムの中核
4-1 不可欠なハードウェア機能\r
4-2 中核の概要
4-3 プロセスの表現
4-4 第一水準割込み処理ルチン
4-5 ディスパッチャ
4-6 waitsignalの実現
5 メモリ管理
5-1 目的
5-2 仮想メモリ
5-3 仮想メモリの実現
5-4 メモリ割当て方針
5-5 実働集合モデル
5-6 紙上システムにおける実現
6 入出力
6-1 設計目標とその意図
6-2 I/O手続き
6-3 機器ハンドラ
6-4 バッファリング
6-5 ファイル機器
6-6 スプール
6-7 むすび
7 ファイルシステム
7-1 目的
7-2 ファイルディレクトリ
7-3 共用と保護
7-4 二次メモリの構成
7-5 ファイルシステムの安全性
7-6 ファイルのオープンとクローズ
7-7 むすび
8 資源割当てとスケジューリング
8-1 概観
8-2 割当て機構\r
8-3 デッドロック
8-4 スケジューラ
8-5 スケジューリングアルゴリズム
8-6 プロセスの階層
8-7 制御と課金
8-8 まとめ
9 保護
9-1 動機
9-2 保護機構の開発
9-3 階層的保護システム
9-4 一般的システム
9-5 むすび
10 信頼性
10-1 目的と用語
10-2 欠陥回避
10-3 エラー検出
10-4 欠陥対処
10-5 エラー回復
10-6 多階層エラー処理
10-7 むすび
11 ジョブ制御
11-1 一般的な注意
11-2 コマンド言語
11-3 ジョブ制御言語
11-4 ジョブプール
11-5 システムメッセージ
11-6 システム内のジョブの経路
12 むすび
13 付録:モニタ

サポート情報

関連書籍

ザ・Linux

戸川隼人

1,760円(税込)

入門
ザ・PASCAL

戸川隼人

1,870円(税込)

入門
ザ・C[第2版]

戸川隼人

1,925円(税込)

入門
ザ・UNIX

戸川隼人

1,870円(税込)

入門