都市と女性の社会学

書影

女性社会学者による新社会学叢書  3

都市と女性の社会学

性役割の揺らぎを超えて
定価:
2,090
(本体:1,900円+税)
難易度:入門

発行日:1993年11月1日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-0713-0

サイズ:並製B6

ページ数:280ページ

在庫:品切れ

内容詳細

現代都市を生きる女性の性役割の現状(性役割とライフスタイル,「主婦」「嫁」意識の特徴や高齢者介護をめぐる問題など)を分析,90年代の女性の自立や社会参加を展望したユニークな解説書.

目次

1 序論
1-1 この本のねらいと構成
1-2 都市と女性を分析する枠組み
1-3 調査のあらまし
2 都市に生きる女性
2-1 都市型社会の再生産様式
2-2 都市的生活様式と女性
2-3 女性の階層分化と家事労働の外部化
2-4 都市女性の生活構造・ライフスタイル・生活世界
2-5 性役割の揺らぎを超えて
3 都市の生活世界と女性の主婦意識
3-1 都市女性のライフスタイルと主婦意識
3-2 主婦意識の揺らぎ
3-3 専業主婦の主婦アイデンティティ
3-4 兼業主婦の主婦アイデンティティ
3-5 ステレオタイプの主婦イメージを超えて
4 都市型高齢化社会と女性の嫁意識
4-1 都市家族と高齢化社会
4-2 家族介護と親の「老後」
4-3 「嫁」意識の揺らぎ
4-4 高齢社会と介護ジェンダー
5 介護の社会化とホームヘルパーの社会的評価
5-1 介護の社会化をめぐる時代動向
5-2 ホームヘルパーの社会的評価の現状
5-3 サービスの担い手=女性にたいする社会的評価
5-4 ヘルパーの仕事にたいする社会的評価
5-5 在宅福祉ネットワークの形成に向けて
6 女性の考えるまちづくり
6-1 女性の地域活動の新局面
6-2 「女の考えるまちづくり」活動 「中区女性フォーラム」の女性たち
6-3 「女性の目で見たまちづくり」事業
6-4 都市行政とジェンダー
7 女性の政治参加のニューウェーブ
7-1 女性の政治参加と地方自治
7-2 政治に参加する主婦像 緑市民会議とその担い手
7-3 代理人運動の最前線で オルタナティブを模索する
7-4 都市政治とジェンダー NET代理人運動の課題
8 結びにかえて:性役割の揺らぎは超えられるか
8-1 女性の生命再生産活動と主婦的状況
8-2 主婦的状況の社会的構成
8-3 主婦的状況の乗越え

サポート情報

関連書籍

母性の社会学

舩橋惠子堤マサエ

1,870円(税込)

入門
家事の社会学

直井道子

1,650円(税込)