Windowsプログラム

書影

Computer Todayライブラリ  29

C++で作る

Windowsプログラム

最新基本編 Borland C++ 4.0の巻
定価:
3,960
(本体:3,600円+税)

発行日:1995年10月1日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-0782-6

サイズ:並製B5変

ページ数:320ページ

在庫:品切れ

内容詳細

高機能な統合環境を持つBC++4.0を使いWindowsプログラミングを始めたい人向け.AppExpert上でサンプルプログラムを組み立てながら,OWL2.0の各機能,各リソースの効果的な使い方,デバッグなどを具体的に解説している.3.5インチFD付.

目次

1 インストールと初期設定
1-1 必要なハードとソフト
1-2 インストールは簡単
1-3 初期設定
1-4 添付ディスクの使用方法
2 基本操作とウィンドウへの描画
2-1 BC4の基本操作
2-2 基本的アプリケーションの作成
2-3 エラーが起こったら
2-4 Windowsアプリケーションの基本
3 Windowsメッセージの処理
3-1 マウスを処理するアプリケーション
3-2 メッセージの付随情報を得る
3-3 Windowsアプリケーションの仕組み
3-4 C++とObjectWindows
3-5 プリコンパイルヘッダの利用
3-6 スピードバーを活用しよう
4 AppExpertを使ってみよう
4-1 何もしないアプリケーション
4-2 AppExpertで土台を作る
4-3 マルチファイルエディタを作る
4-4 ファイルはこまめに保存しよう
5 リソースとクラスの変更
5-1 リソースの変更
5-2 ウィンドウタイトルを変更する
5-3 プロジェクトとソースファイルの再利用
6 Resource Workshopの使い方
6-1 Resource Workshopの全体像
6-2 メニューエディタ
6-3 ペイントエディタ
6-4 ダイアログエディタ
7 AppExpertでアプリケーションを作る
7-1 アプリケーションの設計
7-2 アプリケーションの作成
8 画面描画とTDCクラス
8-1 GDIオブジェクト
8-2 GDIオブジェクトの利用
8-3 デバイスコンテキストの生成と利用
9 ダイアログボックスの扱い
9-1 アプリケーションの概要
9-2 リソースの変更
9-3 ソースの変更
10 Doc/Viewモデルの作成
10-1 ファイルとDoc/Viewモデル
10-2 リソースの変更
10-3 基本ソースファイルの変更
10-4 ビューモジュール
10-5 ドキュメントモジュール
10-6 ダイアログボックスをメインウィンドウにする方法
11 デバッグの基礎
11-1 デバッグとは?
11-2 デバッガで何ができるか?
11-3 デバッグの極意
11-4 デバッガの機能と実際
11-5 デバッグテクニック
12 付録
12-1 付録1 Windows各部の名称
12-2 付録2 Windows定数と構造体
12-3 付録3 C++の基本
12-4 付録4 ObjectWindowsのクラス階層

サポート情報

関連書籍

Omnis7

白石 亘

3,190円(税込)

LATEX自由自在

磯崎秀樹

2,750円(税込)

REXX自由自在

関 孝則

3,520円(税込)