教育心理学I:発達と学習 第2版

書影

心理学ベーシックライブラリ  5-I

教育心理学I:発達と学習 第2版

定価:
2,530
(本体:2,300円+税)
難易度:入門

発行日:2019年11月10日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-1456-5

サイズ:並製A5

ページ数:264ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

本書は,認知・発達・学習等,教育心理学の内容を初学者向けにやさしく解説した教科書の改訂版です.子どもたちを取り巻く環境は変化し続けており,学校教育現場で教員に求められる役割も変化しています.そこで,新しい教育職員免許法施行規則にも対応し,学術的な進展も踏まえて,よりわかりやすくなるよう,加筆・修正しました.初学者の方,教職を目指す方にもおすすめの一冊です.

目次

第1章 教育心理学とは
  1.1 なぜ教育に心理学が必要か
  1.2 教育心理学の領域
  1.3 教育心理学のアプローチ

第2章 発達の基礎
  2.1 発達の意味
  2.2 発達の要因
  2.3 発達段階と発達課題

第3章 ことばと描画の発達
  3.1 ことばの獲得
  3.2 文章の理解
  3.3 ことばとコミュニケーション
  3.4 描画の発達

第4章 知能の発達
  4.1 知能のとらえ方
  4.2 知能検査
  4.3 知的能力の発達
  4.4 知能の生涯発達

第5章 自我と自己の発達
  5.1 自我と自己
  5.2 子ども時代の自我と自己
  5.3 青年期以降の自我と自己

第6章 社会性の発達
  6.1 親子関係と仲間関係
  6.2 他者理解
  6.3 道徳性の発達

第7章 性格と適応
  7.1 性格形成
  7.2 適応と適応機制
  7.3 性格をとらえる
  7.4 情緒の発達

第8章 学習意欲と動機づけ
  8.1 学習動機と外発・内発的動機づけ
  8.2 自己決定理論と学習の統制感
  8.3 学習と原因帰属

第9章 学習の基礎
  9.1 行動主義心理学からとらえた学習
  9.2 認知心理学からとらえた学習
  9.3 記憶や学習を促す情報処理

第10章 知識,問題解決,メタ認知
  10.1 知識と学習
  10.2 問題解決
  10.3 メタ認知(認知を制御するシステム)

第11章 教授学習理論
  11.1 理想の教授法―個性(個人差)に応じた教授法
  11.2 講義法の長所と短所
  11.3 「学習者の消極性」を補う教授法
  11.4 「個人差の無視」を補う教授法
  11.5 「知識(暗記)中心」を補う教授法
  11.6 「言語中心」という問題点を補う教授法
  11.7 教授学習における教師の役割

第12章 評価
  12.1 教育評価の意義と視点
  12.2 評価の種類I―基準による分類
  12.3 評価の種類II―評価の時期による分類
  12.4 最近の評価
  12.5 テストによる評価

第13章 特別支援
  13.1 学力低下
  13.2 学業不振児
  13.3 特別支援教育における児童・生徒の指導
  13.4 学級内の問題行動

引用文献
人名索引
事項索引

サポート情報

関連書籍