重力理論解析への招待

SGCライブラリ  188

重力理論解析への招待

古典論から量子論まで
定価:
2,420
(本体:2,200円+税)
難易度:上級

発行日:2023年12月25日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-1590-6

サイズ:並製B5

ページ数:176ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

高エネルギー物理理論を構築するためには,様々な問題が立ちはだかる.これらの問題を一つずつ解決していくと,完成は見えてくるはずである.本書では、このような視点に立ち,重力理論の解析に役立つ解析手法を解説する.

目次

第1章 因果構造解析
  1.1 因果構造解析とは
  1.2 直感的理解
  1.3 特性曲面の見つけ方
  1.4 具体的な理論模型での解析例

第2章 重力作用関数の摂動展開
  2.1 場の摂動展開
  2.2 幾何学量のテイラー展開
  2.3 作用関数の計算

第3章 線形場の量子化
  3.1 線形スカラー場の量子化
  3.2 負の運動エネルギーとゴースト粒子,負ノルム状態
  3.3 平坦時空上の重力場(スピン2の場)の量子化
  3.4 ド・ジッター時空上でのmassiveスピン2場(フィールツ-パウリ場)の量子化と樋口ゴースト

第4章 次元勘定定理による繰り込み可能性
  4.1 繰り込み可能性と次元勘定定理
  4.2 場の次元が正でないときの次元勘定定理
  4.3 リフシッツ場の繰り込み可能性

第5章 高エネルギー極限でのユニタリ性
  5.1 ユニタリ性の定義
  5.2 ユニタリティーバウンド
  5.3 重心系の2粒子散乱のユニタリティーバウンド
  5.4 ツリーユニタリティー
  5.5 リフシッツ場のツリーユニタリティー
  5.6 負ノルムを持つ理論の“ユニタリティーバウンド”

付録A 2階対称テンソルのスピン基底分解
  A.1 1階テンソルの分解
  A.2 対称2階テンソルの分解

参考文献
索引

サポート情報

関連書籍

特殊相対性理論

前田恵一田辺 誠

2,420円(税込)

中級
物性物理学講義

加藤岳生

2,640円(税込)

中級
時系列解析入門[第2版]

宮野尚哉後藤田浩

2,420円(税込)

中級