コンパクト労働法 第2版

書影

コンパクト 法学ライブラリ  13

コンパクト労働法 第2版

定価:
2,310
(本体:2,100円+税)
難易度:入門

発行日:2020年2月25日

発行:新世社

ISBN:978-4-88384-305-3

サイズ:上製四六

ページ数:288ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

労働法のエッセンスを親しみやすく紹介した好評入門テキストの改訂版.これまでにない大きな制度変更となった「働き方改革」の内容を盛り込んで見通しよく解説した.さらに著者の大学での講義や講演・セミナー等の経験をふまえ,初めて学ぶ読者の一層の理解しやすさを配慮した記述としている.見やすい2色刷.

目次

第I編 労働法総論
第1章 序論─「労働法」とは何か?
  1.1 労働法の基本的な枠組み
  1.2 労働法を学ぶ前に─知っておくべき基礎知識

第2章 雇用の基本ルール
  2.1 雇用に関するルールの全体像
  2.2 強行法規(労働基準法,労働契約法)
  2.3 労働協約
  2.4 就業規則
  2.5 個別の合意
  2.6 労働契約上の権利義務

第3章 労働法上の当事者
  3.1 「労働者」
  3.2 「使用者」
  3.3 「労働組合」

第II編 雇用関係法
第4章 採用
  4.1 採用の基本ルール
  4.2 採用内定
  4.3 試用

第5章 人事
  5.1 人事の基本的な枠組み
  5.2 昇進・昇格・降格(タテ方向の人事)
  5.3 配転・出向・転籍(ヨコ方向の人事)
  5.4 休職
  5.5 企業組織の変動と労働契約

第6章 懲戒・ハラスメント
  6.1 懲戒
  6.2 ハラスメント

第7章 労働関係の終了
  7.1 労働契約の終了事由(労働契約が終了する場面)
  7.2 解雇
  7.3 定年制・高年齢者雇用確保措置

第8章 賃金
  8.1 賃金の基本ルール
  8.2 賞与・退職金
  8.3 賃金の支払いに関する法規制
  8.4 休業手当
  8.5 最低賃金

第9章 労働時間
  9.1 労働時間制度の基本的な枠組み
  9.2 時間外労働・休日労働
  9.3 労働時間規制の適用除外
  9.4 柔軟な労働時間制度

第10章 休暇・休業
  10.1 年休(年次有給休暇)
  10.2 休業

第11章 労働条件の変更
  11.1 就業規則の不利益変更
  11.2 その他の方法による労働条件の不利益変更

第12章 非正規労働者
  12.1 非正規雇用についての考え方
  12.2 有期労働者(有期雇用)
  12.3 パート労働者
  12.4 働き方改革における法改正
  12.5 派遣労働者

第13章 労働者の安全と健康・労働災害
  13.1 安全衛生
  13.2 労働災害
  13.3 雇用保険制度

第14章 労働者の人権の保障・雇用差別
  14.1 労働者の人権の保障
  14.2 労基法における「平等原則」
  14.3 男女雇用機会均等法
  14.4 障害者雇用

第III編 労使関係法
第15章 労働組合・団体交渉・労働協約
  15.1 労働組合に関する基本ルール
  15.2 団体交渉
  15.3 労働協約

第16章 団体行動・不当労働行為
  16.1 団体行動
  16.2 不当労働行為
  16.3 不当労働行為の救済

第IV編 労働紛争解決法
第17章 労働紛争の解決
  17.1 労働紛争の解決の枠組み
  17.2 行政による労働相談・紛争解決
  17.3 裁判所(司法)による紛争解決

事項索引
判例索引

サポート情報

広告・書評

  • 「労務事情 2020年4月1日号 第1403号」Bookshelf で本書が紹介されました.