数理科学 2019年11月号

2006年度 日本数学会出版賞受賞
科学の最前線を紹介する月刊誌

自然科学と社会科学はいまどこまで研究されているか,つねに科学の最前線を明らかにし,大学・企業で注目を浴びている雑誌です.
毎月20日発売 B5判 約80ページ 定価(本体:954円+税)

定期購読申込
数理科学 2019年11月号 No.677

最適化の数理

モデリングとアルゴリズム
定価:
1,049
(本体:954円+税)

発行月:2019年11月

JAN:4910054691191

在庫:在庫あり

内容詳細

定められた条件を満たす多数の選択肢の中から,関数値を最小あるいは最大にするものを見出す最適化問題は,科学技術計算から社会インフラの運営に至るまで,現代社会のあらゆる場面に登場します.計算機を用いて最適化問題を解き,意思決定に活かすために,現実問題の特性を適切にモデル化すると共に,最適化問題の数理的構造を的確に把握し,アルゴリズムの設計に活用することがますます重要になってきています.本特集では,「最適化」と関連する数理について,身近な問題を交えて紹介していきます.

表紙CGコメント

今月号の表紙の絵では,中心を軸に回転するようなベクトル場をプログラミングで設定し,それに従って色を動かして,流れるような色の動きを作っています.(巴山竜来)

目次

特集

  • 最適化を考える
    岩田 覚
  • 公共交通の時空間ネットワークと最適化
    高松瑞代
  • グラフ・ネットワークにおける最適化
    小林佑輔
  • 構造最適化
    寒野善博
  • 大域的最適化を用いた先進結晶構造解析
    富安亮子
  • 固有値計算による大域最適化
    中務佑治
  • システム制御理論と最適化
    佐藤一宏
  • ファイナンス・保険の最適化
    山崎和俊
  • 育種学に表れる種別構成問題に対する短時間数値解法の構築
    山下 真 , S.Safarina , T.J.Mullin , 森口聡子

連載

  • 例題形式で探求する集合・位相 17
    ~ 完備化・コンパクト化 ~
    丹下基生
  • 幾何学的な線形代数 12
    ~ 双曲モデルと無限遠境界 ~
    戸田正人

サポート情報

関連雑誌

粗幾何学入門

深谷友宏

2,552円(税込)

中級
幾何学から物理学へ

谷村省吾

2,465円(税込)

中級