数理科学 2021年4月号

2006年度 日本数学会出版賞受賞
科学の最前線を紹介する月刊誌

自然科学と社会科学はいまどこまで研究されているか,つねに科学の最前線を明らかにし,大学・企業で注目を浴びている雑誌です.
毎月20日発売 B5判 約80ページ 定価(本体:954円+税)

定期購読申込
数理科学 2021年4月号 No.694

非ユークリッド幾何学の数理

平面の幾何学から曲面の幾何学へ
定価:
1,049
(本体:954円+税)

発行月:2021年4月

JAN:4910054690415

在庫:在庫あり

内容詳細

ユークリッド幾何学における平行線公準が成り立たないとして成立する幾何学の総称である「非ユークリッド幾何学」は,現代の数理科学において,広く研究・応用されています.本特集では「非ユークリッド幾何学」について,現代的な話題も交えて紹介していきます.

表紙CGコメント

通常のユークリッド空間でのタイル張りと同様に,ポアンカレ円板モデル上でも双曲的なタイル張りを行うことができます.この表紙では,基本領域である双曲的な多角形タイルにノイズ関数で模様をつくり,それに円に関する鏡映を施して,ポアンカレ円板上の繰り返し模様をつくっています.(巴山竜来)

目次

特集

  • 非ユークリッド幾何の世界
    ~ 今日まで,そして明日から ~
    小島定吉
  • ユークリッド幾何学から非ユークリッド幾何学へ
    宮岡礼子
  • 複素双曲空間入門
    須川敏幸
  • Schwarzの補題というすぐれもの
    ~ 複素解析と非ユークリッド幾何学 ~
    志賀啓成
  • 物理学と非ユークリッド幾何学
    米田 元
  • 可積分系と非ユークリッド幾何学
    井ノ口順一
  • 非ユークリッド幾何の世界を視る
    阿原一志
  • 結び目と非ユークリッド幾何学
    作間 誠
  • 群と非ユークリッド幾何学
    正井秀俊

コラム

  • ユークリッド幾何学で考える幾何的感覚
    中田文憲

書評

  • M理論と行列模型
    ~ 超対称チャーン‒サイモンズ理論が切り拓く数理物理学 ~
    高橋智彦

連載

  • 微生物流体力学への招待 8
    ~ 流体中の運動と物体の対称性 ~
    石本健太

サポート情報

次号の予告

数理科学 2021年5月号 No.695

力学から現代物理へ

古くて新しい“力学”
いまや物理学の基礎事項となり,多くの理工系学部で学習することになる(古典)力学は,数理科学の諸分野においても教養になっているかと思います.この力学を中心に理工系で「~力学」と称される分野は展開されていきます.また,大学の講義における「力学」そのものは,線形代数や微分積分のような数学の基礎的な事項が用いられており,数学がどう用いられているかの一つの指標になっているとも言えるかもしれません.本特集では力学から広がる現代物理学の世界を具体的な例も交えて,考えていきます.

<特集構成>
巻頭言/力学を学び微積分を使いこなす/三体問題の周辺 ― 天体のふしぎな動き/剛体の力学 ― 水平面上で高速回転する軸対称剛体の運動/カオスと数値計算/力学から量子力学へ/解析力学の創始者たち ― 幾何光学・天体力学・数学,そして量子論/力学と相対性理論/マクロな量子機械振動子

関連雑誌

保型形式を考える

1,049円(税込)

情報幾何学の探究

1,049円(税込)