数理科学 2021年10月号

2006年度 日本数学会出版賞受賞
科学の最前線を紹介する月刊誌

自然科学と社会科学はいまどこまで研究されているか,つねに科学の最前線を明らかにし,大学・企業で注目を浴びている雑誌です.
毎月20日発売 B5判 約80ページ 定価(本体:954円+税)

定期購読申込
数理科学 2021年10月号 No.700

線形代数の考え方

数理科学の姿を探るための言葉と方法
定価:
1,049
(本体:954円+税)

発行月:2021年10月

JAN:4910054691016

在庫:在庫あり

内容詳細

線形代数では,行列,行列式,線形空間,線形写像,基底,固有値問題,ジョルダン標準形,2次形式,等々,様々な概念(キーワード,定理)が登場します.これらは簡単にイメージできるものからそうでないものまでいろいろとありますが,いずれも重要な概念です.そして,重要であるにもかかわらず,学習者を悩ませるものでもあります.本特集では,線形代数で登場する様々なキーワードについて,何が重要になるのかということや,考え方そのものの重要性を軸に探っていきます.

表紙CGコメント

今月号の表紙では正八面体を再帰的に分割した図形の距離関数をつくり,レイマーチング法によってレンダリングしています.距離として Lp ノルムを使うことにより,エッジを整形することが可能です.(巴山竜来)

目次

特集

  • 線形代数の考え方
    河東泰之
  • 連立一次方程式を解く
    阿部紀行
  • 線形変換と表現行列
    鈴木香織
  • 次元
    戸松玲治
  • 2次形式
    小林正典
  • 行列式・逆行列
    山下 真
  • 固有値問題と標準形
    戸田正人
  • 線型代数と群
    関口英子
  • 線形代数と量子情報
    大野博道

連載

  • 微生物流体力学への招待 12
    ~ 流れの中の微生物の運動 ~
    石本健太

研究室の窓

  • 複雑ネットワーク上の感染症伝播のシミュレーション
    岡部 豊 , 首藤 啓

  • SIR方程式の厳密解
    岡部 豊 , 首藤 啓

サポート情報

次号の予告

数理科学 2021年11月号 No.701

統計物理が拓く数理科学の世界

乱雑の極限における普遍性の発見
“普遍性”を追求する学問である物理学において,統計物理学は乱雑の極限に存在する普遍性を見出す研究分野といえます.近年,統計物理の研究対象は情報や経済現象・社会現象,人間関係にまで拡がり,そのような複雑な系に現れる普遍性に対しても威力を発揮しています.本特集では,統計物理学がどのような形で普遍性にアプローチしてきたか,そして現在どのような形で新しい普遍性の発見を目指しているかを,その多様性に着目しながら概観し,統計物理学が持つ,普遍性を明らかにする力の源に迫ります.

<特集構成>
巻頭言 ― 物理学の普遍性と統計物理学の普遍性/統計物理学の普遍性/ランダム系に現れる秩序と相転移 ― レプリカ法による普遍性の見え方と見方/非平衡系における協同現象 ― 非平衡統計力学の挑戦/低次元ソフトマターの普遍性/粉体流の統計力学 ― 流れの相転移と異常緩和現象/アクティブマターの物理学 ― 特異な集団運動の発生機構を理解する/普遍生物学 ― 生きていることの物理的状態論/社会・経済現象に見られる普遍性と統計物理/情報の統計力学 ― 「ランダム系」の視点からシャノンの定理を再考する

関連雑誌

数理モデリングと生命科学

1,049円(税込)

《計算》とは何か

1,049円(税込)

現代数学の眺め

1,049円(税込)