数理科学 2020年2月号

2006年度 日本数学会出版賞受賞
科学の最前線を紹介する月刊誌

自然科学と社会科学はいまどこまで研究されているか,つねに科学の最前線を明らかにし,大学・企業で注目を浴びている雑誌です.
毎月20日発売 B5判 約80ページ 定価(本体:954円+税)

定期購読申込
数理科学 2020年2月号 No.680

ネットワークから見る世界

数理でつながりを読み解く
定価:
1,049
(本体:954円+税)

発行月:2020年2月

JAN:4910054690200

在庫:在庫あり

内容詳細

現代社会では,Web やソーシャルメディアが人や社会を理解するための重要な情報源になっております.このWeb やソーシャルメディアはネットワークでつながっており,その根底にはグラフ理論,組合せ最適化をはじめとした数理科学の理論が使われております.本特集ではネットワークに関係した様々な数理を,実際の問題例なども交えて,紹介していきます.

表紙CGコメント

今回の表紙ではペンローズタイリングを半球面上に構成し,その辺を縁取って描画しています.このペンローズタイリングは再帰的に構成していますが,再帰処理を行う度に頂点の位置を少しずつずらしています.(巴山竜来)

目次

特集

  • 巻頭言
    河原林健一
  • ネットワークとグラフ理論
    小関健太
  • スペクトルグラフ理論
    吉田悠一
  • ネットワークとランダムウォーク
    白井朋之
  • ネットワークと微分幾何
    砂田利一
  • ネットワークのデザイン
    福永拓郎
  • ネットワークフロー問題
    前原貴憲
  • ネットワークと力学系
    國府寛司
  • ネットワークと統計力学
    増田直紀
  • ネットワークと脳科学
    田中剛平 , 合原一幸

書評

  • 量子情報と時空の物理[第2 版]
    ~ 量子情報物理学入門 ~
    杉田 歩
  • 重点解説岩澤理論
    ~ 理論から計算まで ~
    落合 理

連載

  • 変化球の数理 1
    ~ ボールを変化させる力 ~
    姫野龍太郎
  • 例題形式で探求する集合・位相 19
    ~ 距離化定理とパラコンパクト性 ~
    丹下基生

サポート情報

次号の予告

書影
数理科学 2020年3月号 No.681

理論と計算の物理学

計算の背景にひそむ理論
様々な物理現象は,数学の道具立てなどを用いて,現象の解明を進めていく,いわば“理論的側面”と現象から現れる方程式を数値計算を駆使して調べていくいわば“計算的側面”があります.物理学はこの“理論的側面”と“計算的側面”が両輪となり進展し,現在でも多くの研究がなされています.本特集では,物理の様々なテーマについて,“理論的側面”と“計算的側面”,双方から考え方・発想などを軸に紹介していきます.

関連雑誌

素数の探究

1,049円(税込)

最適化の数理

1,049円(税込)

ヒルベルト

1,049円(税込)