数理科学 2020年10月号

2006年度 日本数学会出版賞受賞
科学の最前線を紹介する月刊誌

自然科学と社会科学はいまどこまで研究されているか,つねに科学の最前線を明らかにし,大学・企業で注目を浴びている雑誌です.
毎月20日発売 B5判 約80ページ 定価(本体:954円+税)

定期購読申込
数理科学 2020年10月号 No.688

現代数学の捉え方[代数編]

いかにして問題を設定していくか
定価:
1,049
(本体:954円+税)

発行月:2020年10月

JAN:4910054691009

在庫:在庫あり

内容詳細

研究者がいかにして研究テーマ(問題)を設定しているか.こうしたことを紹介すべく,2019年10月号では「現代数学の捉え方[解析編] ― いかにして問題を設定していくか」という特集を取り上げました.本特集は,[代数編]になります.通常,問題設定と言ってもどのように設定すればいいのか,どこからテーマを拾ってくればいいのか,なかなか難しいことかと思います.本特集では代数学の諸分野でどのように問題を設定していくか,研究課題をどう見つければいいのか,紹介していきます.

表紙CGコメント

空間上の点集合に対し,近傍にある点との距離の 2 等分線を引いて空間を区分ける分割方法をボロノイ分割と呼びます.空間上の格子点をランダムにずらして点をとれば,そのボロノイ分割は石を敷き詰めたような自然なテクスチャを生成します.今回の表紙では Lp ノルムを使って距離を定義し,ボロノイ分割を描いています.(巴山竜来)

目次

特集

  • 代数学における問題設定
    桂 利行
  • 組合せ論
    萩田真理子
  • 可換環論における問題設定
    高木俊輔
  • 代数的整数論とその周辺
    落合 理
  • 代数幾何学における有界性問題
    川又雄二郎
  • 数論幾何
    ~ 素朴な視点に立ってみる ~
    佐藤周友
  • 表現論
    落合啓之
  • 圏論と代数学
    中岡宏行
  • 物理学と代数
    細野 忍

書評

  • 統計モデルと推測
    鈴木 讓
  • 圏と表現論
    ~ 2-圏論的被覆理論を中心に ~
    玉木 大
  • ディリクレ形式入門
    楠岡誠一郎

連載

  • 微生物流体力学への招待 4
    ~ ストークス流れの基礎定理 ~
    石本健太

研究室の窓

  • 感染症伝播の数理モデル
    岡部 豊 , 首藤 啓

サポート情報

関連雑誌

統計的思考法のすすめ

1,049円(税込)

ラマヌジャン

1,049円(税込)

結び目的思考法のすすめ

1,049円(税込)