数理科学 2009年7月号

数理科学 2009年7月号 No.553

現代物理の世界像

素粒子と物性の対話
定価:
1,047
(本体:952円+税)

発行月:2009年7月

JAN:4910054690798

在庫:在庫あり

内容詳細

現代物理はとくに素粒子物理と物性物理の2つの分野によって大きく発展し,その広がり は様々な他の分野にも重要な影響を及ぼしながらその世界像を描いてきました.また両分野によって,将来どのような発展が期待されるかは,多くの研究者が非常に興味をもつところです.本特集では,ノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎博士がヒントにした物性と素粒子のアナロジーの話や,互いの異なる流れの中で育まれてきた代表的で基本的なテーマを多く取り上げ,新しい進展や様々な可能性を模索していきます.

表紙CGコメント

目次

特集

  • 対談:現代物理の世界像
    ~ 素粒子と物性の対話 ~
    阿部龍蔵 , 米谷民明
  • 光から始まったゲージ場
    ~ 素粒子を語る深遠な言葉 ~
    坂井典佑
  • “繰り込み”という立役者
    ~ 無限大との付き合い方 ~
    青木慎也
  • 双対性という概念
    高柳 匡
  • 理論と実験の関係:現状と課題
    岡田安弘
  • ゲージ場をめぐって
    ~ 固体の中で ~
    永長直人
  • 繰り込み群と物性物理学
    ~ 臨界現象,そして多様な展開へ ~
    菊池 誠 , 岡部 豊
  • 対称性の考察
    ~ 物理における重要性 ~
    高橋 實
  • 理論におけるモデルの役割と実験
    今田正俊

書評

  • 数学の言葉と論理
    守屋悦朗

「数理科学」は語る

  • 1979年7月号
    三宅芳雄

連載

  • 目で見て学ぶ量子力学 11
    ~ 電子線ホログラフィー ~
    外村 彰
  • 問題例で深める物理 6
    ~ 磁場と電場の相対性 ~
    香取眞理 , 中野 徹

リレー連載

  • 数学の道しるべ 9
    ~ 駆け出しの頃を思い出して ~
    小野 薫

サポート情報

その他

目で見て学ぶ量子力学(第11回)

関連雑誌

ゲージ理論の発展

2,085円(税込)

シュレーディンガー

1,047円(税込)

量子重力理論

2,075円(税込)