数理科学 2013年9月号

数理科学 2013年9月号 No.603

ボーア

量子力学の開拓,原子模型から百年
定価:
1,047
(本体:952円+税)

発行月:2013年9月

JAN:4910054690934

在庫:在庫あり

内容詳細

2013年は,ニールス・ボーアが原子模型構造理論を独自に提出してからちょうど100年の節目にあたります.この節目に合わせ,本特集では量子力学建設に偉大な貢献をしただけでなく,先駆者として超人的な直観力と洞察力を発揮したボーアを取り上げます.量子力学誕生に必要とされた思想を自ら構築した英雄の一人として,ボーアのその思想における物理的発想のバネがどのような源にあるかを,様々な偉業に照らして探っていきます.

表紙CGコメント

目次

特集

  • ボーア原子模型から百年
    江沢 洋
  • 原子模型と周期律
    西尾成子
  • 対応原理と相補性原理
    山本義隆
  • アインシュタインとの論争とコペンハーゲン解釈
    大場一郎
  • 電磁場の観測の理論
    ~ ランダウ-パイエルスからボーア-ローゼンフェルトまで ~
    岡村 浩
  • 核分裂の理論
    江沢 洋
  • ニールス・ボーア研究所
    亀淵 迪
  • ボーアとハイゼンベルク
    ~ 第二次世界大戦中(1941)のハイゼンベルクのボーア訪問 ~
    山崎和夫

コラム

  • ボーア・クラマース・スレーターの輻射論
    今野宏之
  • 量子論から生命論を眺望した智の巨人たち
    和田昭允
  • ボーアと仁科芳雄の周辺
    岡本拓司
  • 核兵器の国際管理と開かれた世界
    ~ ボーアの提言 ~
    中村孔一

書評

  • 離散構造
    根上生也

「数理科学」は語る

  • 1983年9月号
    菊田惺志

連載

  • 例題形式で探求する微積分学の基本定理 5
    ~ 線積分(1) ~
    森田茂之
  • 大学院入試問題からみた大学の数学 8
    ~ 複素解析2 ~
    海老原 円 , 太田雅人
  • 科学と社会 15
    ~ 加藤元一の神経伝導不減衰説 ~
    岡本拓司

サポート情報

関連雑誌

理論物理と実験物理の交錯

1,047円(税込)

群と物理学

1,047円(税込)

物理学における存在とは

1,047円(税込)