心理学への招待

書影

新心理学ライブラリ  1

心理学への招待

こころの科学を知る
定価:
2,136
(本体:1,942円+税)
難易度:入門

発行日:1992年12月1日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-0678-2

サイズ:並製A5

ページ数:288ページ

在庫:品切れ

内容詳細

大学・短大における基礎課程の授業において初めて心理学を学ぶ学生を対象に,今日的視点から心理学の基礎を解説し,多くの図表によりビジュアルに構成した,新しい『心理学入門』のテキスト.各研究分野の基本的事項と,最近の進展をバランスよく解説した.

目次

1 歴史と方法
1-1 心理学の歴史
1-2 心理学成立の背景
1-3 心理学の独立
1-4 20世紀初頭の動向
1-5 現代心理学の展開
1-6 心理学の方法
2 感覚と知覚
2-1 感覚と知覚
2-2 感覚
2-3 知覚
3 記憶
3-1 記憶と意義
3-2 記憶と行動
3-3 記憶の種類
3-4 記憶の測定
3-5 感覚記憶(sensory memory)
3-6 短期記憶(short-term memory)
3-7 長期記憶(long-term memory)
3-8 忘却
4 学習
4-1 学習の意味と定義
4-2 条件づけ
4-3 社会的学習
4-4 自律的学習
4-5 学習の原理
5 思考と言語
5-1 問題解決
5-2 表象機能\r
5-3 コミュニケーションと言語
5-4 概念
5-5 推理
5-6 創造的思考
5-7 思考の障害
6 情動と動機づけ
6-1 情動の指標
6-2 攻撃行動と愛他行動
6-3 心理的ストレスと不安
6-4 抑うつ状態
6-5 リラクセーション
6-6 動機づけ
7 発達
7-1 発達心理学の成立と展開
7-2 「発達」をどのように考えるか
7-3 「氏か育ちか」
7-4 誰の発達を研究するか
7-5 まとめ
8 性格
8-1 性格とは何か
8-2 性格の理解
8-3 特性論
8-4 性格の形成
8-5 性格の評価と測定
9 社会行動
9-1 他者の存在と他者との関係の意味
9-2 対人関係の機制と関係の成立の要因
9-3 人間関係と集団・組織のダイナミックス
9-4 社会的ネットワークの意義と現代社会の問題

サポート情報

関連書籍