宇宙と自然界の成立ちを探る

書影

数理科学ライブラリ  8

宇宙と自然界の成立ちを探る

物質の構造と基本定数
定価:
1,815
(本体:1,650円+税)

発行日:1995年12月1日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-0789-5

サイズ:並製A5

ページ数:168ページ

在庫:品切れ

内容詳細

筆者は「なぜエディントンやディラックが大数定理を唱えたのか」という素朴な疑問から,基本定数の由来・その間の関係・物質構造との関連などを整理しておく必要性を感じた.ハッブル定数・プランク定数などを取り上げ,宇宙や自然界の構造を見直すその試みは,読者の心を引きつけるに違いない.

目次

1 基本次元に寸法を入れる
1-1 基本定数の分類
1-2 重力相互作用
1-3 電磁相互作用
1-4 この宇宙における3次元の寸法
2 質量と長さの寸法の関係
2-1 質量で決まる長さ
2-2 膨張係数で規格化する
2-3 これまでのまとめ
3 大数定理
3-1 普遍定数
3-2 重力相互作用
3-3 電磁相互作用
3-4 この宇宙と関連して
3-5 いくつかの大数
3-6 基本定数は時間変化するか?
4 自然の構造と物質間の力
4-1 密度と大きさ
4-2 三つの階層構造
4-3 クォークの階層−強い力
4-4 原子の階層−電磁力
4-5 天体の階層−重力
5 力の統一と宇宙進化
5-1 力の統一
5-2 力の分岐
5-3 力の物質化
6 星の質量
6-1 星の重力平衡
6-2 恒星の物理量
6-3 惑星
6-4 褐色矮星
6-5 白色矮星
6-6 中性子星
6-7 ボソン星
6-8 ブラックホール
7 大質量星
7-1 輻射圧が効く星
7-2 一般相対論効果(β<<1とする)
8 星の集団
8-1 星団のサイズと寿命
8-2 超高密度星団
9 銀河の質量と半径
9-1 原始銀河雲
9-2 ダークマター
10 ビッグバン宇宙に寸法を入れる
10-1 ビッグバン宇宙史の中で
10-2 断熱ゆらぎ
10-3 爆発説
11 ダークマター宇宙の寸法
11-1 ニュートリノの海
11-2 ニュートリノ宇宙の寸法
11-3 興味あるWIMPsの質量範囲
11-4 WIMPsの広がり
12 自然の安定性
12-1 素粒子の質量
12-2 相互作用定数
12-3 相互作用定数の間の関係
13 “強引な”人間原理
13-1 対流条件
13-2 星の表面温度
13-3 もう一つの求め方
13-4 宇宙と銀河と星の質量比
13-5 我々ごとき人間が

サポート情報

関連書籍

現代数学の風景

野崎昭弘

2,970円(税込)

双曲幾何学入門

中岡 稔

3,080円(税込)

宇宙のダークマター

小玉英雄

1,980円(税込)

中級