実験心理学への招待[改訂版]

書影

新心理学ライブラリ  8

実験心理学への招待[改訂版]

実験によりこころを科学する
定価:
2,750
(本体:2,500円+税)
難易度:中級

発行日:2012年12月10日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-1314-8

サイズ:並製A5

ページ数:272ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

本書は,実験心理学を概観できる基礎文献として長年にわたり信頼を集めてきた書の改訂版である.構成の根幹は保ちつつ,その後研究に進展のあった部分について書き改め,BOXを追加して新しいトピックを紹介するようにした.また,用語についても近年の趨勢に沿って改めた.視覚的にも分かりやすいよう,新たに2色刷とした.

目次

第1章 心理学実験法
    ―心理現象はいかに実験され,また法則化されるのか

  1.1 自然観察と実験
  1.2 実験の展開
  1.3 1事例研究
  1.4 実験と理論
  1.5 研究者・実験者・実験参加者効果
  1.6 研究の倫理
  1.7 実験の利点と欠点
  参考図書

第2章 感覚・知覚
    ―情報はいかに取り込まれ,また処理されるのか

  2.1 感覚・知覚とは
  2.2 形とパターンの知覚
  2.3 空間の知覚
  2.4 運動と事象の知覚
  参考図書

第3章 学習
    ―行動はいかに形成され,また変化するのか

  3.1 古典的条件づけにおける刺激間間隔
  3.2 情動反応の古典的条件づけ
  3.3 味覚嫌悪条件づけ
  3.4 刺激間の随伴性
  3.5 何がオペラント条件づけの強化となるか
  3.6 行動の漸進的形成
  3.7 般化と弁別
  3.8 誤りなしの弁別学習
  3.9 学習の転移
  3.10 学習された無力感
  3.11 反応とその結果の随伴性
  3.12 観察による学習
  参考図書

第4章 注意と記憶
    ―私たちは情報をどのようにして選択し,記憶しているのか

  4.1 注意
  4.2 記憶の構造:短期記憶と長期記憶
  4.3 符号化と検索
  4.4 エピソード記憶と意味記憶
  参考図書

第5章 思考
    ―課題はいかに考えられ,また解決されるのか

  5.1 問題解決
  5.2 プロトコル分析
  5.3 推理
  5.4 概念学習
  5.5 批判的思考
  参考図書

第6章 動機づけ・情動
    ―私たちは何を求めて行動し,そのとき何を感じるのか

  6.1 欲求
  6.2 基本的欲求
  6.3 社会的欲求
  6.4 アフォーダンスと自己効力感
  6.5 内発的動機づけ
  6.6 情動
  参考図書

第7章 実験心理学と日常生活
    ―実験心理学の将来はいかに期待され,また予測されるのか

  7.1 概説
  7.2 環境
  7.3 超高齢化社会
  7.4 テクノロジーの進歩
  参考図書

引用文献

人名索引

事項索引

編者略歴

執筆者紹介

サポート情報

関連書籍

臨床心理学への招待

森谷寛之

2,530円(税込)

入門
教育心理学への招待

岩脇三良

2,530円(税込)

中級