ポテンシャルパーソナリティ心理学

書影

テキストライブラリ 心理学のポテンシャル  7

ポテンシャルパーソナリティ心理学

定価:
2,530
(本体:2,300円+税)
難易度:入門

発行日:2020年3月10日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-1466-4

サイズ:並製A5

ページ数:224ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

「彼は人当たりがよい」「彼女は几帳面だ」など,私たちは日常生活の中で自分や周りの人の性格(パーソナリティ)について考えることが多くあります.しかし,「性格とは何か」と改めて問われると,答えるのは意外と難しいのではないでしょうか.本書では,性格について科学的なアプローチから解明しようとするパーソナリティ心理学を,気鋭の著者陣がやさしく解説します.

目次

第1章 パーソナリティとは何か
  1.1 性格・パーソナリティの概念
  1.2 パーソナリティに関する用語の整理
  1.3 パーソナリティ研究に影響を与えた流れ
  1.4 心理学におけるパーソナリティ研究の歴史
  1.5 人間-状況論争(一貫性論争)後のパーソナリティ研究
  1.6 パーソナリティ形成の要因
  コラム1.1 血液型と性格
  練習問題
  参考図書

第2章 パーソナリティの類型論
  2.1 類型論とは何か
  2.2 四気質説
  2.3 クレッチマーの気質類型
  2.4 ユングのタイプ論
  2.5 その他の類型論(シェルドン)
  2.6 類型論と特性論
  練習問題
  参考図書

第3章 パーソナリティの特性論
  3.1 特性論
  3.2 オールポート
  3.3 パーソナリティ特性の探求の歴史
  3.4 ビッグファイブ(5因子モデル)
  3.5 パーソナリティという概念への批判
  コラム3.1 ミシェルの鋭い批判から目をそむけるな!
  練習問題
  参考図書

第4章 パーソナリティの精神分析理論
  4.1 パーソナリティの精神分析理論とは
  4.2 臨床実践とそこから導かれた仮説
  4.3 各論
  4.4 まとめ
  練習問題
  参考図書

第5章 パーソナリティの発達理論
  5.1 遺伝か環境か
  5.2 環境による影響
  5.3 遺伝と環境との関係
  5.4 エリクソンのパーソナリティ発達理論
  練習問題
  参考図書

第6章 パーソナリティと自己
  6.1 スターンの自己感
  6.2 エリクソンの自我同一論
  6.3 ロジャーズの自己理論
  6.4 マズローの自己実現
  コラム6.1 心理学者たちからのメッセージ
  練習問題
  参考図書

第7章 パーソナリティの社会認知的理論
  7.1 社会認知的アプローチ
  7.2 ケリーのパーソナル・コンストラクト理論
  7.3 ウィトキンの認知スタイル(場依存型-場独立型)
  7.4 ロッターの期待-価値理論
  7.5 バンデューラの相互決定論(自己効力感)
  7.6 ミシェルの社会認知理論
  練習問題
  参考図書

第8章 パーソナリティの最近の理論
  8.1 ミシェル・正田の認知-感情システム理論
  8.2 生物学的基盤に基づく理論
  8.3 遺伝の影響に関する理論
  8.4 文化とパーソナリティ
  コラム8.1 ポジティブ心理学
  練習問題
  参考図書

第9章 パーソナリティ障害
  9.1 これまでのパーソナリティ障害に関する理論
  9.2 DSM-5代替診断基準について
  9.3 ICD-11に向けて提案された新しいモデル
  9.4 パーソナリティ障害の治療
  9.5 パーソナリティ障害という概念のこれから
  練習問題
  参考図書

第10章 パーソナリティの測定と研究方法
  10.1 パーソナリティ測定の歴史
  10.2 面接法
  10.3 観察法
  10.4 心理検査法
  10.5 パーソナリティの研究法
  コラム10.1 投映法の面白さ
  練習問題
  参考図書

引用文献
人名索引
事項索引

サポート情報

関連書籍