司法・犯罪心理学

内容詳細

本書は,司法・犯罪心理学の最新の教科書です.学識・実務経験豊かな著者陣が,多岐にわたる領域をカバーし,斯学の基礎から発展までを統一的にまとめています.構成についても,大学の標準的な講義に対応した章立てとし,通読することで総合的な理解が得られるよう配慮しています.また,公認心理師試験等の資格試験の設問にも対応できるよう,各章末に復習問題を用意しています.

目次

犯罪・非行についての基本的知識/成人犯罪者処遇の流れ/少年保護事件手続/犯罪・非行の理論/犯罪・司法に関わる機関・施設における活動/犯罪・非行の心理学的アセスメント/児童相談所での非行への対応 ― 司法・犯罪分野における問題に対して必要な心理に関する支援(1)/家庭裁判所の在宅事件における非行への対応 ― 司法・犯罪分野における問題に対して必要な心理に関する支援(2)/少年鑑別所・少年院での処遇 ― 司法・犯罪分野における問題に対して必要な心理に関する支援(3)/保護観察所での犯罪・非行への対応 ― 司法・犯罪分野における問題に対して必要な心理に関する支援(4)/刑事施設における成人犯罪者への教育・処遇 ― 司法・犯罪分野における問題に対して必要な心理に関する支援(5)/犯罪被害についての基本的知識/家事事件についての基本的知識/犯罪捜査と心理学/犯罪予防と心理学

サポート情報

関連書籍

心理学概論

行場次朗大渕憲一

2,750円(税込)

入門