過渡現象論

書影

電気・電子工学テキストライブラリ  B1

過渡現象論

理論と計算方法を学ぶ
定価:
2,035
(本体:1,850円+税)
難易度:入門

発行日:2022年2月10日

発行:数理工学社

ISBN:978-4-86481-082-1

サイズ:並製A5

ページ数:192ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

本書は電気回路の設計を行う際に必要な過渡現象を工学系の学生向けに解説.理論と計算方法などの理解を深めるため例題や問題を載せ,図を多く配置した好個の教科・参考書.

目次

第1章 過渡現象とは
  1.1 ばねに吊るされた小物体の運動
  1.2 電気回路における過渡現象
  1.3 過渡現象計算の目的
  1章の演習問題

第2章 1階微分方程式で表される回路方程式の直接解法
  2.1 1階微分方程式で表される回路方程式
  2.2 同次形および非同次形定係数1階線形常微分方程式
  2.3 同次形定係数1階線形常微分方程式の一般解の求め方
  2.4 非同次形定係数1階線形常微分方程式の特殊解の求め方
  2.5 初期条件による回路方程式の解の決定
  2章の演習問題

第3章 2階微分方程式で表される回路方程式の直接解法
  3.1 2階微分方程式で表される回路方程式
  3.2 同次形および非同次形定係数2階線形常微分方程式
  3.3 同次形定係数2階線形常微分方程式の一般解の求め方
  3.4 非同次形定係数2階線形常微分方程式の特殊解の求め方
  3.5 初期条件による回路方程式の解の決定
  3章の演習問題

第4章 直流電源,抵抗およびインダクタンスからなる回路
  4.1 抵抗およびインダクタンスを含む直列回路
  4.2 2つのスイッチを含む回路
  4.3 2つのインダクタンスを含む回路
  4.4 相互インダクタンスを含む回路
  4章の演習問題

第5章 直流電源,抵抗およびキャパシタンスからなる回路
  5.1 抵抗およびキャパシタンスを含む直列回路
  5.2 初期電荷をもつキャパシタンスと抵抗からなる回路
  5.3 キャパシタンスを2つ含む回路
  5章の演習問題

第6章 直流電源,抵抗,インダクタンスおよびキャパシタンスからなる回路
  6.1 インダクタンスおよびキャパシタンスを含む直列回路
  6.2 抵抗,インダクタンスおよびキャパシタンスを含む直列回路
  6.3 抵抗,インダクタンスおよびキャパシタンスを含む直並列回路
  6章の演習問題

第7章 交流電源,抵抗およびインダクタンスからなる回路
  7.1 抵抗およびインダクタンスを含む直列回路
  7.2 抵抗およびインダクタンスを含む直並列回路
  7.3 スイッチを2つ含む回路
  7章の演習問題

第8章 交流電源,抵抗およびキャパシタンスからなる回路
  8.1 抵抗およびキャパシタンスを含む直列回路
  8.2 抵抗およびキャパシタンスを含む直並列回路
  8.3 抵抗とキャパシタンスを含む並列回路
  8章の演習問題

第9章 交流電源,抵抗,インダクタンスおよびキャパシタンスからなる回路
  9.1 インダクタンスおよびキャパシタンスを含む直列回路
  9.2 抵抗,インダクタンスおよびキャパシタンスを含む直列回路
  9章の演習問題

第10章 ラプラス変換の基礎
  10.1 ラプラス変換
  10.2 代表的な関数のラプラス変換
  10.3 ラプラス変換の基本法則
  10章の演習問題

第11章 ラプラス変換による過渡現象計算
  11.1 直流電源,2つの抵抗およびインダクタンスからなる回路
  11.2 直流電源,抵抗およびキャパシタンスからなる回路
  11.3 直流電源,抵抗,インダクタンスおよびキャパシタンスからなる回路
  11.4 交流電源,抵抗およびインダクタンスからなる回路
  11.5 交流電源,抵抗,インダクタンスおよびキャパシタンスからなる回路
  11章の演習問題

第12章 分布定数回路の基礎
  12.1 電圧,電流の伝搬と分布定数回路
  12.2 分布定数回路における伝送線路方程式
  12.3 無損失分布定数回路における波動方程式
  12.4 代表的な導体系のサージインピーダンスと伝搬速度
  12章の演習問題

第13章 分布定数回路における進行波の計算
  13.1 無損失分布定数回路における進行波電圧と電流
  13.2 無損失分布定数回路における進行波の反射と透過
  13.3 様々な終端での進行波の反射
  13.4 格子図法
  13.5 シュナイダー-ベルジェロン法
  13章の演習問題

参考文献
索引

サポート情報

その他

関連書籍