国際金融論15講

書影

ライブラリ 経済学15講  7

国際金融論15講

予価:
2,400
難易度:入門

発行日:2021年3月 上~中旬

発行:新世社

ISBN:978-4-88384-323-7

サイズ:並製A5

ページ数:約288ページ

内容詳細

グローバル化がすすむ今日,国境を越えるお金のやりとり,そして海外の経済を考慮した場合のマクロ経済についての知識は,ますます重要性を高めている.本書は経済学部学部生のみならず他学部の学生や社会人でも,こうした国際金融論の基礎が理解できるよう,多くの図表やコラムを援用して解説した最新の入門テキストである.読みやすい2色刷.

目次

グローバル経済と国際金融/国際収支統計と対外純資産残高/開放経済下の国民所得決定と経常収支/開放経済下の貨幣,金利,為替レート/為替レートと貿易/外国為替市場/購買力平価/金利平価/アセット・アプローチによる為替レートの決定/為替相場制度と為替介入/閉鎖経済下のマクロ経済政策/開放経済下のマクロ経済機能/マンデル=フレミングモデルによる財政金融政策/為替相場制度の歴史/通貨統合とユーロ

サポート情報

関連書籍

統計学15講

山本庸平

2,200円(税込)

入門
実験経済学・行動経済学15講

和田良子

2,970円(税込)

入門
公共経済学15講

佐藤主光

2,640円(税込)

入門
経済数学15講

小林 幹吉田博之

2,420円(税込)

入門