ベイズ分析の理論と応用

書影

ライブラリ データ分析への招待  3

ベイズ分析の理論と応用

R言語による経済データの分析
定価:
2,310
(本体:2,100円+税)
難易度:中級

発行日:2022年6月10日

発行:新世社

ISBN:978-4-88384-350-3

サイズ:並製A5

ページ数:240ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

データサイエンスを学ぶ上で必須となるベイズ統計学について,理論からデータ分析の実践まで解説したテキスト.分析のために用いるR言語の使い方や,確率分布についても付録で丁寧に紹介する.統計学の基礎的な知識を身につけた方が,ベイズ統計学を用いたデータ分析を試みようとする際に手引きとなる書.

目次

第1章 はじめに
  1.1 データ分析の重要性
  1.2 所得分配の不平等を考える
  1.3 ベイズの定理
  1.4 本書の構成

第2章 ベイズ分析
  2.1 出塁率のベイズ分析
  2.2 ヒストリカル・ボラティリティのベイズ分析
  2.3 モデルの比較

第3章 マルコフ連鎖モンテカルロ法
  3.1 モンテカルロ法
  3.2 マルコフ連鎖
  3.3 マルコフ連鎖モンテカルロ法
  3.4 MCMC標本の評価

第4章 一変量データのベイズ分析
  4.1 炭鉱の爆発事故における構造変化の分析
  4.2 所得分配の不平等を考える
  4.3 ボラティリティ・クラスタリングの分析

第5章 線形回帰モデルのベイズ分析
  5.1 集積の経済は存在するのか
  5.2 生産関数における非効率性の分析
  5.3 直接効果と間接効果の計測
  5.4 線形回帰モデルを分析するに当たって

第6章 制限従属変数モデルのベイズ分析
  6.1 景気循環の要因分析
  6.2 その他の制限従属変数モデル

付録A R言語
  A.1 R言語とは
  A.2 R言語の基本的な使い方

付録B 確率分布
  B.1 離散確率変数
  B.2 連続確率変数

付録C その他のMHアルゴリズムと比較
  C.1 その他のMHアルゴリズム
  C.2 MHアルゴリズムの比較

参考文献
索引

関連書籍