建築構造力学入門

書影

建築工学  4

建築構造力学入門

定価:
2,310
(本体:2,100円+税)
難易度:入門

発行日:2006年8月10日

発行:数理工学社

ISBN:978-4-901683-38-8

サイズ:上製A5

ページ数:224ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

初歩の力学からはじめ,構造力学における種々の有用な計算方法を解説.例題や演習問題を通して,建築構造力学の基礎が確実に修得できる.また,現在,主流であるマトリクス法についても紹介した.

目次

第1章 カ
  1.1 力とモーメント
  1.2 力の合成と分解
  1.3 力のつりあい
  1章の問題

第2章 構造物の構成と種類
  2.1 建築を構成する構造要素
  2.2 支点と節点
  2.3 安定構造物と不安定構造物
  2章の問題

第3章 静定構造物の断面力の算定
  3.1 静定構造物
  3.2 反力の算定
  3.3 静定梁および静定ラーメンの断面力の算定
  3章の問題

第4章 梁柱部材の応力
  4.1 梁柱部材の断面カと応力の関係
  4.2 応力による断面力の定義
  4.3 断面の性質
  4章の問題

第5章 梁柱部材の変形
  5.1 材料の特性
  5.2 梁柱部材の変形
  5章の問題

第6章 構造物の変形
  6.1 仕事とエネルギー
  6.2 部材に蓄えられるエネルギー
  6.3 エネルギー保存則による変位算定方法
  6.4 仮想仕事の原理に基づく変位算定方法
  6章の問題

第7章 不静定構造物
  7.1 不静定構造物の基本的解法
  7.2 たわみ角法
  7.3 固定法
  7.4 マトリクス法
  7章の問題

付録
  付録A 幾何学的な非線形性と座屈
  付録B 梁の固定端モーメントと単純梁の最大モーメント
  付録C 本書で使用する記号

参考文献

索引

サポート情報

その他

問題略解


建築工学 4
「建築構造力学」サポートページ



■ 問題略解