機械力学

書影

機械工学  1

基礎から学ぶ

機械力学

定価:
2,420
(本体:2,200円+税)
難易度:入門

発行日:2008年12月10日

発行:数理工学社

ISBN:978-4-901683-61-6

サイズ:上製A5

ページ数:288ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

本書は機械力学の学習に必要な振動の基本的原理について例題や演習問題を交えて解説し,機械の振動を効果的に抑圧したり利用するための基礎的な知識を与えることを目的とした.

目次

第1章 振動現象とは
  1.1 身の周りの振動現象と振動関連技術
  1.2 振動現象の観察と系のモデル化の基礎
  1.3 振動解析と本書の構成

第2章 力学原理と運動方程式の導出
  2.1 ニュートンの運動の法則
  2.2 1自由度振動系の運動方程式の導出
  2.3 1自由度ねじり振動系の運動方程式の導出
  2.4 ダランベールの原理
  2章の問題

第3章 不減衰1自由度振動系の自由振動
  3.1 不減衰1自由度振動系の自由振動解
  3.2 不減衰1自由度振動系とエネルギーの保存
  3.3 直動ばね要素の等価剛性
  3.4 ねじりばね要素の等価剛性
  3.5 等価質量
  3章の問題

第4章 減衰1自由度振動系の自由振動
  4.1 減衰1自由度振動系の自由振動解
  4.2 摩擦モデルと減衰振動系のパラメータ同定
  4.3 等価減衰
  4章の問題

第5章 1自由度振動系の強制振動
  5.1 力励振系の調和励振応答
  5.2 基礎励振系の調和励振応答
  5.3 複素励振力を用いた調和励振応答と周波数応答関数
  5.4 周波数応答関数の図示法
  5.5 周波数応答関数に基づく機械の動力学的パラメータの設計
  5.6 周期外力応答
  5.7 限られた時間だけ作用する励振力に対する応答
  5.8 任意の励振力に対する応答
  5.9 力励振系の周波数応答関数の測定
  5.10 基礎励振系の任意励振変位に対する応答
  5章の問題

第6章 多自由度系の運動方程式の導出
  6.1 多質点系に対するニュートンの運動の法則
  6.2 多質点系に対するダランベールの原理
  6.3 ラグランジュの運動方程式
  6章の問題

第7章 多自由度集中定数振動系の解析
  7.1 物理モデルと2自由度振動系モデル
  7.2 モード解析
  7.3 不減衰2自由度振動系のモード分離とその応答
  7.4 比例粘性減衰を持つ2自由度振動系のモード分離とその応答
  7.5 一般粘性減衰を持つ2自由度振動系のモード分離とその応答
  7.6 動吸振器による振動系の制振
  7.7 一般的な多自由度集中定数振動系の解析
  7章の問題

付録A 連続体の振動解析
  A.1 はりのねじり振動解析
  A.2 はりの縦振動解析
  A.3 はりの横振動解析

付録B 回転体の振動と釣り合わせ
  B.1 回転機構
  B.2 剛性ロータに作用する慣性力と釣り合わせ
  B.3 弾性ロータの危険速度と釣り合わせ

参考文献
索引

サポート情報

その他

章末問題解答


  機械工学 1
「基礎から学ぶ機械力学」サポートページ



■ 章末問題解答

関連書籍

新・演習 工業力学

大熊政明

2,420円(税込)

入門
機械設計・製図の実際

塚田忠夫

2,090円(税込)

中級
新・工業力学

大熊政明

2,750円(税込)

入門