電気回路

書影

電気・電子工学ライブラリ  A-3

電気回路

定価:
2,420
(本体:2,200円+税)
難易度:入門

発行日:2012年10月10日

発行:数理工学社

ISBN:978-4-901683-94-4

サイズ:並製A5

ページ数:224ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

電気回路の初学者を対象に根本となる基礎知識から丁寧に解説.基本となる直流回路から交流回路,複雑な回路や大規模回路への対応まで例題や図表を多く掲載し,分かり易くまとめられた好個の教科・参考書となっている.

目次

第1章 電気回路の基礎
  1.1 電気回路とは
  1.2 抵抗R
  1.3 コイル
  1.4 コンデンサ
  1章の問題

第2章 直流抵抗回路
  2.1 キルヒホフの法則
  2.2 重ね合わせの理
  2.3 鳳-テブナンの定理
  2.4 ブリッジ回路
  2章の問題

第3章 交流基本回路
  3.1 正弦波交流
  3.2 正弦波交流のフェーザ表示と複素数表示
  3.3 オイラーの公式
  3.4 抵抗回路
  3.5 インダクタンス回路
  3.6 キャパシタンス回路
  3.7 インピーダンスとアドミタンス
  3.8 直列回路
  3.9 並列回路
  3.10 交流回路における基本法則
  3.11 交流ブリッジ回路
  3章の問題

第4章 共振回路
  4.1 直列共振回路
  4.2 並列共振回路
  4章の問題

第5章 交流電力
  5.1 有効電力
  5.2 無効電力
  5.3 力率,皮相電力
  5章の問題

第6章 過渡現象
  6.1 R-L直列回路の過渡現象
  6.2 R-C直列回路の過渡現象
  6.3 R-L-C直列回路の過渡現象
  6.4 コイル,コンデンサに初期値がある場合の過渡現象
  6章の問題

第7章 ラプラス変換とラプラス変換を用いた回路解析
  7.1 ラプラス変換の定義
  7.2 ラプラス変換の性質
  7.3 ラプラス変換の微分と積分
  7.4 基本的な関数のラプラス変換
  7.5 ラプラス変換を用いた電気回路の解析
  7章の問題

第8章 相互誘導回路
  8.1 相互誘導回路の原理
  8.2 相互誘導回路の回路方程式での表現
  8.3 相互インダクタンスMと自己インダクタンスL1,L2の関係
  8.4 相互誘導回路の応用
  8章の問題

第9章 三相交流
  9.1 対称三相交流
  9.2 対称三相交流の接続
  9.3 相電圧と線間電圧
  9.4 相電流と線電流
  9.5 Y負荷とΔ負荷の関係
  9.6 対称三相交流の電力
  9章の問題

第10章 二端子対回路
  10.1 一端子対回路と二端子対回路
  10.2 インピーダンス行列
  10.3 アドミタンス行列
  10.4 基本行列
  10.5 ハイブリッド行列
  10.6 複数回路の接続
  10.7 各行列の変換
  10章の問題

第11章 分布定数回路
  11.1 分布定数回路の考え方
  11.2 分布定数回路の基本方程式
  11.3 電信方程式
  11.4 無損失線路の例
  11.5 反射と透過
  11.6 完全反射と完全透過
  11章の問題

問題解答

参考文献

索引

サポート情報

正誤表

関連書籍

応用電気電子計測

信太克規

2,200円(税込)

中級
基礎制御工学

松瀬貢規

2,860円(税込)

入門
光工学入門

森木一紀

2,420円(税込)

入門