数理科学 2022年1月号

数理科学 2022年1月号 No.703

普遍的概念から拡がる物理の世界

現代物理をつなぐキーワード
定価:
1,049
(本体:954円+税)

発行月:2022年1月

JAN:4910054690125

在庫:在庫あり

内容詳細

古典力学から量子力学にかけて現れる調和振動子,電磁場の記述から特殊相対論やゲージ理論へとつながるマクスウェル方程式,熱・統計力学の枠を越えブラックホールや情報とも関連するエントロピーなど,物理学には分野やスケールを越えて現れる重要な概念が存在します.本特集ではそういった様々な基礎概念とそれらが持つ“普遍性”に着目し,今日多様な分野・領域に専門化・細分化される物理学を,いろいろな分野で重要となる概念が縦糸・横糸となりつなげていく様子を取り上げます.

表紙CGコメント

今回の表紙では,3D ボロノイ分割から模様をつくり,それを曲面上にソリッドテクスチャリングしています.それぞれのボロノイセルにはランダムな方向と色を対応させ,縞模様を生成しています.(巴山竜来)

目次

特集

  • 物理学におけるさまざまな視点と普遍性
    石橋明浩
  • 弦と調和振動子
    ~ ピタゴラスから宇宙の統一へ ~
    磯 暁
  • ゲージ理論
    ~ パウリの批判をめぐって ~
    杉本茂樹
  • トポロジー
    ~ 不変性と普遍性 ~
    日高義将
  • くりこみ群の方法
    ~ 普遍性 ~
    中山 優
  • 量子多体系とテンソルネットワーク
    ~ 表現形式の普遍性 ~
    奥西巧一
  • エンタングルメントと普遍性
    松枝宏明
  • エントロピー
    ~ 物性からブラックホールまで,普遍的アプローチ ~
    宇賀神知紀
  • ミクロとマクロをつなげる
    ~ 概念体系の網はいかにして世界を捉えるか ~
    谷村省吾

書評

  • 複素代数多様体
    ~ 正則シンプレクティック構造からの視点 ~
    永井保成
  • 複素シンプレクティック代数多様体
    ~ 特異点とその変形 ~
    松下大介
  • 弦理論と可積分性
    ~ ゲージ-重力対応のより深い理解に向けて ~
    伊藤克司
  • 統計力学から理解する超伝導理論[第2 版]
    紺谷 浩

連載

  • 微生物流体力学への招待 14
    ~ 個体間の流体相互作用 ~
    石本健太
  • 深層学習の統計神経力学 4
    ~ 信号間の距離のダイナミクス ~
    甘利俊一

関連雑誌

スピンと物理

1,049円(税込)

力学から現代物理へ

1,049円(税込)