数理科学 2022年8月号

数理科学 2022年8月号 No.710

複素解析の探究

様々な問題を通してみるその姿
定価:
1,049
(本体:954円+税)

発行月:2022年8月

JAN:4910054690828

在庫:在庫あり

内容詳細

複素数の関数に関わる解析学である“複素解析”は,理工系の諸分野には欠かせないテーマになっています.数学において,実数の範囲では,アプローチしづらい,あるいは解くことができない問題も複素数の範囲まで拡張するとわかりやすくなる場合があります.これが複素解析を用いることのメリットの一つです.また,数学以外の数理科学諸分野でも複素解析は多く使われており,とりわけ計算は非常に重要視されます.本特集では,複素解析にまつわる諸テーマについて様々な例題(および,広い意味での問題)を通して探っていきます.

表紙CGコメント

今回の表紙では四元数上に拡張したジュリア集合を描いています.四元数の切断面として実 3 次元空間をとり,ボリュームデータからジュリア集合を計算してメッシュデータに変換し,3D レンダリングしています.(巴山竜来)

目次

特集

  • 複素解析の探究にかける情熱
    神本 丈
  • 複素解析への入門
    ~ A.L.コーシーから岡潔まで ~
    野口潤次郎
  • リーマン面
    志賀啓成
  • 多変数複素解析
    大沢健夫
  • 複素解析と微分方程式
    竹内 潔
  • ゼータ関数と複素解析
    ~ リーマンの周辺 ~
    黒川信重
  • 調和解析と複素解析
    澤野嘉宏
  • 確率論と複素解析
    ~ SLE,Loewner方程式が見せる多様な側面 ~
    村山拓也
  • 物理学での複素解析
    原 隆

書評

  • 曲面上のグラフ理論
    松井泰子

研究者の窓

  • 研究者の本棚
    ~ 物理の本の読み方+(SF)タイムマシンのつくり方 ~
    小形正男

サポート情報

関連雑誌

集合・位相の考え方

1,049円(税込)

微積分と線形代数

1,049円(税込)

離散数学に親しむ

1,049円(税込)