自分を見つめる自分

書影

セレクション社会心理学  2

自分を見つめる自分

自己フォーカスの社会心理学
定価:
1,430
(本体:1,300円+税)
難易度:中級

発行日:1992年12月1日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-0673-7

サイズ:並製四六

ページ数:168ページ

在庫:品切れ

内容詳細

対人行動や集団行動を理解しようとする時,見つめる自分と見つめられる自分という「自己の二重性」に関係した心理過程が重要になってきます.本書では,この自己に関する社会心理学の研究と理論を,「セルフ・フォーカス」を中心にわかりやすく解説していきます.

目次

1 見つめる自分と見つめられる自分
1-1 自己の二重性 自分を見つめる自分
1-2 ジェームズとミード
1-3 子どもの鏡像認知の発達
1-4 チンパンジーの鏡像認知
1-5 自己フォーカスが対人行動におよぼす効果の実験
1-6 自覚状態理論
1-7 自己フォーカスによる理想追求
1-8 自己フォーカスの回避
1-9 まとめ
2 自分に注意が向かうとき
2-1 「自己への注意」の証拠
2-2 自己への原因帰属
2-3 自己理解の促進
2-4 対人場面と自己への注意
2-5 まとめ
3 自分に注意を向けやすい性格
3-1 自己意識特性
3-2 自己意識尺度の成り立ち
3-3 2つの自己意識特性同士の関係
3-4 内向性,外向性と自己意識特性
3-5 シャイネスと自己意識特性
3-6 ナルシズムと自己意識特性
3-7 ユニークネス欲求と自己意識特性
3-8 自己モニタリングと自己意識特性
3-9 自尊感情と自己意識特性
3-10 年齢・性別と自己意識特性
3-11 まとめ
4 私的と公的の自己フォーカス
4-1 自己意識特性とアイデンティティ
4-2 情報処理における自己意識特性の効果
4-3 自己表出における2つの自己意識特性の違い
4-4 対人関係における公的自己意識の効果
4-5 自己意識特性と自覚状態の関係
4-6 2つの自覚状態 バスの自己意識理論
4-7 私的と公的の自己フォーカスの効果の違い
4-8 まとめ
5 集団効果と自己フォーカス
5-1 社会的促進
5-2 自覚状態と社会的促進
5-3 自己意識特性と社会的促進
5-4 自己フォーカス説による社会的促進の問題点
5-5 同調行動
5-6 自己意識特性と同調行勤
5-7 同調行動と自己フォーカスの関係
5-8 没個性化
5-9 集団における自己フォーカスの低下
5-10 私的-公的自己フォーカスと没個性化
5-11 まとめ
6 自己フォーカスにおける自己とは
6-1 理論的研究の進展
6-2 ウィックランドによる「批判」
6-3 「批判」への反論
6-4 自己フォーカスについての新たな考え方
6-5 行動に対する自己の影響力の問題
6-6 私的自己意識と自己呈示・集団反応との関係
6-7 自己フォーカスにおける自己の影響性
6-8 まとめ 自分が自分を見つめるとき

サポート情報

関連書籍

バーンアウトの心理学

久保真人

1,540円(税込)

中級
依頼と説得の心理学

今井芳昭

1,650円(税込)

中級
新版 人づきあいの技術

相川 充

1,980円(税込)

入門
支えあう人と人

浦 光博

1,210円(税込)

中級