バーンアウトの心理学

書影

セレクション社会心理学  23

バーンアウトの心理学

燃え尽き症候群とは
定価:
1,540
(本体:1,400円+税)
難易度:中級

発行日:2004年6月25日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-1069-7

サイズ:並製四六

ページ数:224ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

看護師,教師,ヘルパーなど「ヒューマンサービス」の現場において,精力的に仕事をしていた人が,あたかも「燃え尽きたように」急に意欲をなくし,職を離れてしまう現象が起きている.これは「バーンアウト」あるいは「燃え尽き症候群」と呼ばれ,近年研究が進められているが,本書はその原因,発症の仕組み,対処について,第一人者が心理学の立場からやさしく説き明かしたものである.

目次

1 バーンアウト研究の意義
  ヒューマン・サービス
  社会的背景
  バーンアウト研究の意義
  本書の構成

2 ストレスとバーンアウト
  ストレスとは
  ストレッサ
  ストレス反応
  ストレスのプロセス

3 バーンアウトの測定―マスラック・バーンアウト・インベントリー
  初期の研究
  マスラック・バーンアウト・インベントリー(MBI)
  MBIの因子構造
  検証的因子分析による吟味
  バーンアウト単因子説
  バーンアウト段階説
  複数原因説

4 MBIの展開とその他の尺度
  MBIのバリエーション―MBI-HSSとMBI-ES
  MBI汎用版(MBI-GS)
MBI-GSの下位尺度
MBI-GSの信頼性,妥当性
  MBI以外のバーンアウト尺度―バーンアウト・メジャー(BM)
  MBIとBM
  BMの信頼性,妥当性
  日本語版バーンアウト尺度
  バーンアウト測定の問題点

5 バーンアウトのリスク要因
  バーンアウトの因果モデル
  個人的な経験としてのストレス
  理想に燃え使命感にあふれた人を襲う病
  性格特性との関連
  履歴との関連
  個人要因と環境要因
  過重負担
  自律性
  仕事要求度―コントロールモデル
  役割ストレス(ストレッサ)
  人間関係

6 対処行動
  ストレス低減のための方策
  対処行動の類型化
  突き放した関心(detached concern)
  組織による対策
  ヒューマン・サービス組織の教育研修制度
  組織主導の教育プログラム
  組織による介入
  バーンアウトからの回復

7 バーンアウト研究の視点
  バーンアウト概念の拡大
  マスラックらの新しい研究モデル
  媒介要因としてのバーンアウト
  バーンアウトの先行要因とバーンアウトがもたらす結果
  バーンアウト研究の新しい枠組みとなりえるか?
  ふたたびバーンアウトとは何か?
  バーンアウト研究の視点
  感情労働
  感情労働の実証的研究
  情緒的負担感と感情労働
  ヒューマン・サービス職の労働負担

あとがき
引用文献
付録 日本版バーンアウト尺度

サポート情報

関連書籍

「信じるこころ」の科学

西田公昭

1,628円(税込)

中級
社会的ジレンマのしくみ

山岸俊男

1,595円(税込)

中級
異文化と関わる心理学

渡辺文夫

968円(税込)

中級