高齢者と家族

書影

 

高齢者と家族

新しいつながりを求めて
定価:
1,815
(本体:1,650円+税)

発行日:1993年6月1日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-0703-1

サイズ:並製B6

ページ数:216ページ

在庫:品切れ

内容詳細

これからの高齢者は家族を頼りにできるのか?「子どもと同居した方がいいのか,別居で気楽に暮らした方がいいのか?」「どんな親子関係・夫婦関係がいちばん幸せな老後をつくるのか?」このような問題を,戦後日本の家族形態の急激な変化や,同居世帯の葛藤などをふまえながら高齢者と家族の新しいつながりを模索した本.

目次

1 高齢者はどのような家族変化を経験してきたか
1-1 家族規範はどう変わってきたか
1-2 家族規範の現在
1-3 家族構成はどのように変わってきたか
2 高齢者はどういう家族生活を送っているか
2-1 同居か,別居か
2-2 別居の高齢者と親族ネットワーク
2-3 高齢者の家族関係 子供以外の家族を中心にして

サポート情報