演習形式で学ぶ 特殊相対性理論

SGCライブラリ  175

演習形式で学ぶ 特殊相対性理論

定価:
2,420
(本体:2,200円+税)
難易度:中級

発行日:2022年4月25日

発行:サイエンス社

ISBN:978-4-7819-1541-8

サイズ:並製B5

ページ数:176ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

アインシュタインが1905年に発表した特殊相対性理論は時間概念を根本的に変えた.現在では,実験的にも確かなものとなっており,その知識は素粒子物理学などの基礎物理学だけでなく宇宙物理学や物性物理学など様々な物理学の基盤となっている.本書では,演習形式によって自ら問題を解きながら特殊相対性理論を学ぶことができる.

目次

第1章 特殊相対性理論
  1.1 光速度
  1.2 二つの基本原理
  1.3 ミンコフスキー時空と時空図
  1.4 ローレンツ変換の行列表示
  1.5 様々な相対論的効果

第2章 相対論的力学
  2.1 相対論的運動
  2.2 相対論的力学
  2.3 粒子の衝突と崩壊
  2.4 多粒子系の相対論的力学
  2.5 相対論的流体力学
  2.6 相対論的解析力学

第3章 電気力学
  3.1 マックスウェル方程式
  3.2 電磁ポテンシャル
  3.3 電磁場テンソル
  3.4 電磁場中の荷電粒子の運動
  3.5 電磁場のエネルギー・運動量テンソル
  3.6 ゲージ自由度とゲージ条件
  3.7 電磁場の作用積分

第4章 相対論的場の理論
  4.1 オイラー・ラグランジュ方程式
  4.2 ネーターの定理1
  4.3 クライン・ゴルドン方程式
  4.4 複素スカラー場
  4.5 ゲージ原理
  4.6 ネーターの定理2
  4.7 複素スカラー場と電磁場の相互作用系
  4.8 対称エネルギー・運動量テンソル

補遺A ローレンツ群と時空の対称性
  A.1 回転群(直交群)
  A.2 リー群
  A.3 ローレンツ群
  A.4 リー微分と対称性
  A.5 ポアンカレ群

補遺B 表記法
  B.1 本書での表記法のまとめ
  B.2 他書との比較

補遺C 単位系
  C.1 国際単位系(SI)
  C.2 cgs単位系との関係
  C.3 自然単位系とプランク単位系

章末発展問題略解
  第1章 特殊相対性理論
  第2章 相対論的力学
  第3章 電気力学
  第4章 相対論的場の理論

参考文献
あとがき
索引

サポート情報

関連書籍

ニュートリノの物理学

林 青司

2,640円(税込)

上級
圏と表現論

浅芝秀人

2,860円(税込)

上級