新・建築材料II〈第2版〉

書影

建築工学  2

新・建築材料II〈第2版〉

[部位構成材料・機能材料編]
定価:
2,530
(本体:2,300円+税)
難易度:入門

発行日:2021年4月10日

発行:数理工学社

ISBN:978-4-86481-072-2

サイズ:上製A5

ページ数:256ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

好評の建築材料テキストを時代に即して改訂.材料の知識だけではなくその価値を適切に判断できる力を養うために,写真や図表を多数用いつつ,系統立てた構成で解説.本書は部位構成材料・機能材料について記した.2色刷.

目次

第1部 部位構成材料
第1章 建築部位に要求される機能と性能
  1.1 建築部位に要求される機能
  1.2 建築部位に要求される性能
  1章の問題

第2章 屋根
  2.1 屋根の分類と構成
  2.2 勾配屋根の種類と屋根葺き材
  2.3 陸屋根の種類とメンブレン防水材
  2章の問題

第3章 外壁
  3.1 外壁の分類と構成
  3.2 外壁仕上げの種類と材料
  3章の問題

第4章 床
  4.1 床の構成
  4.2 下地および中間層に用いられる材料
  4.3 仕上げに用いられる材料
  4章の問題

第5章 間仕切部位(内壁・天井)
  5.1 間仕切部位の構成
  5.2 内壁仕上げの種類と材料
  5.3 天井仕上げの種類と材料
  5章の問題

第6章 開口部
  6.1 開口部の開閉機構
  6.2 開口部材料
  6章の問題

第2部 機能材料
第7章 美装・保護材料
  7.1 美装・保護の目的
  7.2 美装・保護材料に要求される性能
  7.3 美装・保護の対象となる下地面の種類と特徴
  7.4 美装・保護材料の種類と特徴
  7章の問題

第8章 接合材料
  8.1 接合の目的
  8.2 接着剤
  8.3 シーリング材
  8章の問題

第9章 防水材料
  9.1 防水の目的と要求される性能
  9.2 防水層の使用される部位
  9.3 防水層の種類と材料
  9章の問題

第10章 耐火・防火材料
  10.1 耐火・防火の目的と要求される性能
  10.2 燃焼と耐火・防火の原理
  10.3 耐火・防火性から見た建築材料の種類
  10.4 耐火被覆工法
  10章の問題

第11章 断熱材料
  11.1 断熱の目的
  11.2 断熱性能の計算法
  11.3 熱の伝達と断熱のメカニズム
  11.4 断熱構法の種類と特徴
  11.5 断熱材料の種類と特徴
  11.6 断熱材料の施工法
  11章の問題

第12章 吸音・遮音材料
  12.1 吸音・遮音の目的
  12.2 音の指標
  12.3 音の伝搬の特徴
  12.4 吸音材料の種類と特徴
  12.5 遮音の方法および遮音材料の種類と特徴
  12章の問題

問題略解
参考文献
索引

サポート情報

関連書籍

都市・建築の環境設計

梅干野 晁

3,080円(税込)

入門
視環境設計入門

中村芳樹

3,080円(税込)

入門
非線形構造力学

瀧口克己

3,080円(税込)

上級
建築計画学入門

大佛俊泰宮本文人藤井晴行

3,080円(税込)

入門