電磁波工学

電気・電子工学テキストライブラリ  C-4

電磁波工学

定価:
2,310
(本体:2,100円+税)
難易度:入門

発行日:2024年2月25日

発行:数理工学社

ISBN:978-4-86481-108-8

サイズ:並製A5

ページ数:200ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

本書はワイヤレス通信に不可欠な電磁波の伝送や放射を電気・電子系の学生向けに解説.マクスウェルの電磁方程式を出発点として基本的な事項を中心に扱う.理解を深めるため例題や問題を載せ,図を多く配置した好個の教科・参考書.

目次

第1章 マクスウェルの電磁方程式
  1.1 電気磁気学の基本法則とマクスウェルの電磁方程式
  1.2 静電界の方程式
  1.3 静磁界の方程式
  1.4 時間的に変化する電磁界の方程式
  1章の演習問題

第2章 平面波
  2.1 波動方程式の導出
  2.2 真空中の平面波
  2.3 偏波
  2.4 物質中の平面波
  2.5 任意の方向に進む平面波
  2章の演習問題

第3章 電磁界のエネルギー
  3.1 ポインティングの定理とポインティングベクトル
  3.2 正弦電磁界と複素ポインティングベクトル
  3.3 電磁界のエネルギーの進む速度
  3章の演習問題

第4章 電磁界の境界条件と境界値問題
  4.1 電磁界の境界条件
  4.2 平面波の透過と反射
  4章の演習問題

第5章 電磁界の諸定理
  5.1 相反定理
  5.2 等価定理
  5.3 双対性
  5.4 鏡像理論
  5章の演習問題

第6章 伝送波
  6.1 伝送波の種類とその特徴
  6.2 伝送波の一般解
  6.3 平行平板導波路
  6.4 方形導波管
  6.5 円形導波管
  6.6 同軸線路
  6.7 伝送電力とモードの直交性
  6章の演習問題

第7章 放射波
  7.1 点波源と遅延ポテンシャル
  7.2 任意の電磁流分布による正弦放射電磁界
  7.3 微小ダイポール
  7.4 線状アンテナ
  7章の演習問題

付録A 数学公式
付録B 電荷密度と電流密度
付録C 特殊関数
参考文献
索引

サポート情報

関連書籍

高電圧工学概論

脇本隆之

2,420円(税込)

入門
伝送線路論

出口博之

2,365円(税込)

入門
過渡現象論

馬場吉弘

2,035円(税込)

入門
演習で学ぶ 電気磁気学

吉門進三

2,640円(税込)

入門