国際私法 第2版

書影

新法学ライブラリ  16

国際私法 第2版

定価:
4,180
(本体:3,800円+税)
難易度:中級

発行日:2007年2月25日

発行:新世社

ISBN:978-4-88384-107-3

サイズ:上製A5

ページ数:480ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

1898年以降,日本の国際私法の基本法となっていた「法例」が全面改正され,「法の適用に関する通則法」として現代化された内容となった.本書は2007年1月に施行されたこの新法に対応し,旧版を大幅な修正・加筆を行い,その改正の射程・問題点を余すところなく論じたものである.

目次

1 日本社会の真の国際化と国際私法
  1.1 夏目漱石と「現代日本の開化」,そして平成18年の「法例廃止」(全面改正)
  1.2 日本社会の国際性の欠如?
  1.3 国際私法(牴触法)学の基本的任務

2 準拠法選択の基礎理論
  2.1 国際的民事紛争の処理プロセス
  2.2 準拠法選択を論ずる具体的意義 ―国際金融紛争を例に
  2.3 現代国際私法の歴史的位相をめぐって
  2.4 伝統的国際私法の第2の危機? ―平成元年法例改正との関係を含めて
  2.5 国際私法と憲法
  2.6 統一法と国際私法
  2.7 法の国内的な牴触の諸相と国家の分裂・統合

3 準拠法選択の技術的諸問題―国際私法総論
  3.1 国際私法上の性質決定
  3.2 国際私法上の反致
  3.3 先決問題
  3.4 適応(調整)問題
  3.5 外国法の適用と裁判所
  3.6 国際私法上の公序

4 国際私法各論
  4.1 国際契約法
  4.2 契約外債務の準拠法
  4.3 国際債権法に共通する諸問題
  4.4 国際企業法
  4.5 国際物権法
  4.6 国際家族法

主要邦語文献
索引

サポート情報

関連書籍

手形・小切手法

川村正幸

3,080円(税込)

日本近代法制史

川口由彦

3,080円(税込)

中級
家族法 第2版

二宮周平

3,410円(税込)

中級
ジャーナリズムと法

奥平康弘

3,080円(税込)

中級