手形・小切手法 第4版

書影

新法学ライブラリ  15

手形・小切手法 第4版

定価:
3,278
(本体:2,980円+税)
難易度:中級

発行日:2018年9月10日

発行:新世社

ISBN:978-4-88384-281-0

サイズ:上製A5

ページ数:360ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

手形・小切手法の理論を精緻に説き明かした,定評ある基本書の最新版.2017年の民法(債権関係)改正と,それに伴った整備法による商事法関連の規定改正に対応し,今日の状況に合わせた大幅な改訂を行った.

目次

I 序論
1 手形・小切手制度の意義
  1.1 手形・小切手とはどのようなものか
  1.2 手形・小切手の法的性質
  1.3 手形・小切手の利用と銀行取引との結付き
  1.4 手形・小切手の振出しから支払いまで
  1.5 手形・小切手の経済的機能
  1.6 有価証券としての手形・小切手
  1.7 手形・小切手制度の起源と現行手形法・小切手法

2 手形・小切手と実質関係
  2.1 原因関係
  2.2 手形関係と原因関係との関係─手形の無因性
  2.3 原因関係が手形・小切手関係に及ぼす影響
  2.4 手形・小切手関係が原因関係に及ぼす影響
  2.5 手形債権と原因債権の行使の順序
  2.6 手形債権の消滅と原因債権の行使
  2.7 原因債権の消滅と手形債権の行使
  2.8 手形・小切手の資金関係

3 手形行為
  3.1 総説
  3.2 手形行為の成立
  3.3 手形行為と民法の意思表示に関する規定
  3.4 手形行為の代理
  3.5 手形行為と商号使用の許諾
  3.6 手形の偽造および変造

II 約束手形
1 約束手形の振出し
  1.1 約束手形の記載事項
  1.2 白地手形

2 約束手形の流通
  2.1 裏書
  2.2 特殊の裏書
  2.3 手形の善意取得

3 手形抗弁の制限
  3.1 手形抗弁
  3.2 人的抗弁制限の制度
  3.3 手形法17条の適用要件
  3.4 人的抗弁と物的抗弁
  3.5 善意の中間者の介在と人的抗弁の対抗
  3.6 人的抗弁と戻裏書
  3.7 後者の抗弁─人的抗弁の個別性
  3.8 二重無権の抗弁
  3.9 遡求における受戻しと抗弁の対抗
  3.10 受戻しなき支払い・遡求と抗弁の対抗

4 約束手形の保証
  4.1 手形保証
  4.2 隠れた手形保証

5 約束手形の取立てと支払い
  5.1 取立て
  5.2 支払い
  5.3 遡求(償還請求)

6 手形上の権利の消滅
  6.1 手形の抹消,毀損および喪失
  6.2 除権決定
  6.3 期日・期間
  6.4 手形の時効

7 利得償還請求権
  7.1 利得償還請求権の概念
  7.2 利得償還請求権の成立と行使
  7.3 消滅時効期間

III 為替手形・小切手
1 為替手形
  1.1 為替手形の特色
  1.2 為替手形の振出し
  1.3 引受け

2 小切手
  2.1 小切手の特色
  2.2 小切手の振出し
  2.3 小切手の流通と決済
  2.4 支払委託の取消し
  2.5 線引小切手

資料
参考文献
索引

サポート情報

関連書籍

ヨーロッパ経済法

須網隆夫

3,190円(税込)

中級
国際民事訴訟法

石黒一憲

3,190円(税込)

中級
国際私法 第2版

石黒一憲

4,180円(税込)

中級
雇用関係法 第4版

山川隆一

3,245円(税込)

中級