グラフィック 法学入門 第2版

書影

グラフィック[法学]  1

グラフィック 法学入門 第2版

定価:
2,035
(本体:1,850円+税)
難易度:入門

発行日:2021年4月25日

発行:新世社

ISBN:978-4-88384-328-2

サイズ:並製A5

ページ数:208ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

法学を学ぶ面白さ,味わい深さを余すところなく伝え,幅広く好評を得たテキストの最新版.法の人間性・ドラマ性・技術性・歴史性・可塑性という5つの観点から法学の魅力や特質を肉声で語るというコンセプトはそのままに,記載内容をアップデートし,よりわかりやすく解説に工夫を加えた.左頁の本文解説に右頁に図版・コラムを配した左右見開き形式と2色刷で初学者の読みやすさを配慮.

目次

第1章 法の人間性―「青春の学問」としての法律学―
  1.1 法学の面白さはどこにあるのか
  1.2 裁判のダイナミズムと法学の存在意義
  1.3 法が動く現場
  1.4 法学の醍醐味と法律家の誇り
  1.5 「青春の学問」としての法律学

第2章 法のドラマ性―刑法43条という舞台―
  2.1 刑法43条をめぐる5人の人物
  2.2 法が出来るドラマ―刑法43条はどのようにして出来たか
  2.3 法の上のドラマ―刑法43条という舞台
  2.4 法という「劇場」

第3章 法の技術性―隣人訴訟事件の教訓―
  3.1 民事訴訟の特徴―私的自治と処分権主義
  3.2 ある不幸な事故―隣人訴訟事件において認定された事実
  3.3 法の技術性とその限界―隣人訴訟事件の教訓

第4章 法の歴史性―裁判と私たちの法意識―
  4.1 歴史の中の「法意識」
  4.2 「大岡裁きの法意識」を育んだ歴史的背景
  4.3 律令体制の復活から西洋法の継受へ
  4.4 法廷見取図の変遷と裁判理念の変化

第5章 法の可塑性―陪審制の挫折と裁判員制度の導入―
  5.1 陪審制導入論議―国民の司法参加をめぐる明治初期の議論
  5.2 旧陪審制度の成立とその内容
  5.3 陪審法の停止と陪審不振の原因
  5.4 第2次世界大戦後の司法改革と国民の司法参加
  5.5 「この国のかたち」を問う司法制度改革と裁判員制度の導入
  5.6 歴史が私たちをつくり,私たちが歴史をつくる
  5.7 希望を育てる

索引

サポート情報

関連書籍

グラフィック法学入門

青木人志

1,980円(税込)

入門
グラフィック 行政法入門

原田大樹

2,640円(税込)

入門