線材力学の基礎

書影

建築工学  別巻3

線材力学の基礎

ひずみと応力の解析からの展開
定価:
3,300
(本体:3,000円+税)
難易度:中級

発行日:2009年7月10日

発行:数理工学社

ISBN:978-4-901683-67-8

サイズ:上製A5

ページ数:192ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

均質等方弾性体,弾完全塑性,平面応力,線材,軸方向変形震,ピン接合,剛域,質点,などのモデル化について,大きな誤りを回避しうるモデルとなるための基礎理論に必要な,固体のひずみ,応力の解析から線材の力学まで,その道筋を丁寧に解説.

目次

第1章 ひずみの解析
  1.1 工学ひずみと対数ひずみ
  1.2 単純せん断
  1.3 LOVEのFig.1
  1.4 変位とひずみ
  1.5 有限変位理論
  1.6 ひずみ成分の座標変換

第2章 応力の解析
  2.1 応力の定義
  2.2 公称応力と真応力
  2.3 応力成分の座標変換
  2.4 主応力
  2.5 主応力軸の直交性
  2.6 応力の不変量
  2.7 対称テンソル

第3章 応力とひずみの関係
  3.1 フックの法則
  3.2 主応力と主ひずみの関係
  3.3 応力成分とひずみ成分の関係
  3.4 せん断弾性係数,体積弾性係数

第4章 降伏条件
  4.1 主応力空間の軸と面
  4.2 トレスカの条件
  4.3 ミーゼスの条件
  4.4 モール・クーロンの条件

第5章 部材断面の性質
  5.1 断面の図心
  5.2 断面1次・2次・相乗モーメント
  5.3 断面2次モーメントと断面相乗モーメントの関係
  5.4 2次元のモールの応力円と類似性
  5.5 断面の主軸・断面係数・断面2次半径

第6章 線材の力学
  6.1 座標系と断面力
  6.2 軸力と軸方向変形
  6.3 曲げ応力分布と曲げ変形
  6.4 曲げ変形の基本微分方程式
  6.5 せん断応力分布
  6.6 数学的せん断ひずみと工学的せん断ひずみ
  6.7 矩形断面材のせん断変形
  6.8 簡便な座屈解析
  6.9 線材の座屈解析

第7章 応用例題
  7.1 問題例
  7.2 曲げ変形・せん断変形・軸方向変形
  7.3 降伏曲面・終局耐力曲面
  7.4 線材の曲げ剛性
  7.5 モデル化と計算
  7.6 仮定の検討

記号について
参考文献
索引

サポート情報

関連書籍

建築計画学入門

大佛俊泰宮本文人藤井晴行

3,080円(税込)

入門
基本建築構造力学

瀧口克己

2,420円(税込)

中級
視環境設計入門

中村芳樹

3,080円(税込)

入門
都市・建築の環境設計

梅干野 晁

3,080円(税込)

入門