計量経済学の実際

書影

新経済学ライブラリ  別巻2

計量経済学の実際

定価:
2,420
(本体:2,200円+税)
難易度:中級

発行日:1990年7月1日

発行:新世社

ISBN:978-4-915787-07-2

サイズ:上製A5

ページ数:176ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

より信頼性の高い計量経済分析を行うための実際的手順と問題点を実例に則して平易に説く初めての実践的マニュアル.データの吟味・集計・推計に特に重点を置き,精度の高い分析結果を得るための周到な工夫がなされる

目次

1 実践的な数量経済分析のすすめ
1-1 実践的な数量経済分析の必要性
1-1-1 経済予測の現状
1-1-2 構造分析と政策シミュレーション
1-1-3 データの吟味の重要性
1-1-4 実践的な視点の必要性
1-2 数量経済分析の基本的な考え方
1-2-1 理論研究と実証研究
1-2-2 数量経済分析のステップ
1-2-3 統計手法の利用
1-3 実践的な数量経済分析の手順
1-3-1 式の特定化
1-3-2 推定期間の決定
1-3-3 データの収集・加工と検討
1-3-4 推定と検定
1-4 数量経済分析のフローチャート
2 小型日本モデルの開発と評価
2-1 分析目的と分析手法
2-1-1 分析目的
2-1-2 分析手法
2-2 モデルの構築
2-2-1 分析目的とモデルの全体像
2-2-2 各式の特定化
2-2-3 推定期間の決定
2-2-4 データの収集・加工と検討
2-2-5 推定と検定
2-3 モデルの性能の評価と選択
2-3-1 内挿テスト
2-3-2 外挿テスト
2-3-3 乗数シミュレーション
2-3-4 モデルの選択
2-4 結論と展望
3 データリスト

サポート情報